新型プリウス TNGAが可能にする40㎞/Lオーバー。

今年いよいよTNGAを導入した
新型車が発売されます。

発表では
『2015年発売予定のFF系ミディアム車』

の表現にとどまりますが、

 

2015年3月のTNGA取組状況の
公表内容には、

バッテリー性能の向上とともに、

『ハイブリッド性能を約15%向上させる』

と具体的な数値があげられている
ことから新型プリウスでは?と

ピンとくるひともいるのでは?

新型プリウスといえば、

燃費数値としてJC08モード40.0㎞/L

オーバー確実といわれているだけに
興味はつきません。

 

その裏付けとして、

2014年にはSicパワー半導体を
開発したと発表しています。

家電製品から
鉄道車両装置など、

あらゆる分野で直流電力を
交流電力に変換する
インバータが利用されていますが、

このインバータの周波数制御に
必要なのがパワー半導体。

自動車では燃費供給や、
吸気システム、
バルブの開閉、
点火時期などが電子制御化

されて久しいですが、

これらを動かすための
おーターやアクチュエーターは、

この半導体によって制御されています。

車載電装機器の制御だけでなく、

HVやEVのモーター制御用にも
インバータが採用されています。

こうしたことから
パワー半導体の需要は

この20年で急激に拡大しているのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

現在、

パワー半導体の主流は
シリコンパワー半導体です。

シリコンパワー半導体は、
本体に電流を流すと、

電力の一部が熱として失われ、

電流を流すことをやめても
すぐくには電流が完全に切れない
特性があります。

この特性をブレークスルー
するために

SIC(炭化ケイ素)や
GaN(窒化カリウム)

などの次世代型パワー半導体
が注目されているのですが、

 

2014年にトヨタが発表した

SiC半導体に比べて

こうした電力損失を理論上、

70~90%削減できると
予想されています。

このSiCパワー半導体により
将来的には

HVで10%以上の燃費数値向上を
目指すとされていたのですが、

そうしたことからも

『ハイブリッド性能を約15%向上させる』

という発表との整合性は
高いといえるでしょう。

ちなみに、

SICパワー半導体はカムリの
試作車に搭載されており、

豊田市内で行動実験が進んでいます。

TNGAの進捗状況が
いよいよ具体的に示されてきました。

 

トヨタ2015年に新型プリウス発表か?画像を発見!サンパウロモーターショーで。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク