新型プリウスのパワートレイン/プラットフォーム

新エンジン
新トランスミッション
新HVシステム

が三位一体となった
新パワートレインユニットを開発
する新型のプリウス。

ノーマルエンジンの動力性能を約15%

燃費性能を約25%それぞれ向上
させるとともに、

HVも約15%燃費性能を向上させます。

具体的には、

軽量コンパクト
低重心
急速燃焼
多段化効率トランスミッション
統一されたモジュール設計

積極的に取り入れ、

直噴、過給、過給リーン、
新しいエンジンコンセプトを
加えていきます。

高効率化では
最大値だけを狙ったものではなく、

高い熱効率領域を拡大して、
トランスミッションの多段、
ワイドレンジ化を組み合わせます。

 

ここでは、

HV技術で培った燃費向上技術を
積極的に導入していきます。

新HVシステムでは、

SICパワー半導体による損失低減のほか、

徹底した軽量化が図られます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

新型プラットフォームについて

新型サスペンションと
新骨格によってボディ剛性を
30~65%向上させます。

ボディ剛性の向上と軽量化の
両立には高張力鋼板を使うことに。

高剛性ボディと軽量化に加え、

さらなる安全なボディを
手に入れるために、

トヨタ独自の

『斜め衝突実験』を導入します。

また、

IIHS(米国の道路安全保険協会)

スモールオーバーラップにも
全車対応させます。

ビッグマイナーチェンジの
カローラから搭載がスタートした

新予防安全パッケージ

(トヨタセーフティセンス)

だけでなく、

その先の自律型自動運転技術に
至っても、

TNGAの開発コンセプトが
織り込まれています。

 

各メーカー新型車まとめページはこちら。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク