新型ロードスター コクピットについて

新型ロードスター
ドライバーのため、を最優先した
コクピットになっています。

CX-5以降のマツダ車は
ドライビング・ポジションに
こだわりを見せていますが、

ロードスターでも
それは貫かれています。

NDはヒップポイントがNCより
20mmも下げられました。

ただし、

ボンネット高も下がっているので
視覚的には、それほど低く
感じないでしょう。

 

Aピラーとフロントウインドー
は先代よりも57mm後寄りになり、

視野角は拡大されました。

 

ABCペダルは以前ほど
右寄りではなく、

足を伸ばせば意識せずとも
望みの操作ができます。

アクセルペダルがオルガン式と
なったことで、安定した操作が
可能となり、

絶妙に厚みを調整されている
ことでヒール&トゥも
やりやすくなったのです。

シートはオープンカーという
ことを意識して独自の工夫が
施されています。

お尻がすっぽりと
沈みこむことと、

下部で体幹を包み込むような
形状なので
サポート性は十分に確保。

それによって上部はサイドの
張り出した最小限に
抑えられて、

オープンカーらしい開放感が
あるのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

手動式ソフトトップは
操作力を従来よりも低減。

シートに座ったまあでの
開け閉めを容易にしました。

 

以前は、とくに閉めるときに
肩がグキッといきそうな
気配もありましたが、

NDはサッとスマートに
操作ができます。

これなら雨が心配な時でも
気軽にソフトトップを
開け放つ気になるでしょう。

 

室内での風の感じ方にも
変化が見られます。

サイドウインドを上げた状態では、

不快な巻き込みが制限されており、
高速道路でも頭が
そよそよと風になでられる程度。

低速域で物足りないときは
サイドウインドをおろせば、

肩周りに心地よく風が
まとわりついてくれます。

その時でも、

髪の毛がみだれるほどには
巻き込まないので、快適に
ドライブができます。

 

マツダ新型ロードスターの動画が撮れました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク