フィットシャトル 新型 目撃も!?発売が待ち遠しい1台

n546

ホンダのコンパクトカー
ラインナップにまた1台追加になります。

5ドアハッチバックのフィット、

SUVのヴェゼル、

そして

4ドアのグレイスと続いた、
ホンダの新世代コンパクトカー
ラインナップ。

トリをつとめるのが
今年5月の中旬に発表・発売される
新型のフィットシャトル

そんなフィットシャトル、
2月には厳重にカモフラージュ
された公道テスト車両が
撮影されて

インターネットを中心に画像が
拡散されていました。

そして3月下旬、

こんどは意匠パテントの
画像も流出。

こちらに掲載しているのは
ホンダのサイトからのものです。

ご覧の通りフィットの
デザインモチーフを尊重しつつ、

ほとんどが専用設計。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

現行モデルと比べると、
シャシーでリソッドなラインが
多用されており、

スポーティなイメージが強調
されています。

サイズは、

全長:4400mm
全幅:1695mm
全高:1500mm

ライバルのカローラフィールダー
とほぼ同じくらいのサイズです。

パワートレインは、

1.5Lの直噴NAと、

1.5Lハイブリッドの2タイプ

JC08モード燃費は

NAが22㎞/L、
ハイブリッドが30.0㎞/L

前後と予想されます。

一部にうわさされていた、
新開発の3気筒1L VTECターボ
の搭載は当面はない模様で、

モデルライフの後半には、
追加される可能性もあります。

インテリアは、

フィットよりも上質感を追求しており、

内装材の質感や
シート表皮の材質など、

大幅に変更されています。

 

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

 

価格は現行モデルに比べて
ややアップして、

NAが180万~

ハイブリッドが230万円前後、

となる見込みです。

また、

フルモデルチェンジを機に

車名が変わる!?

という噂もあったりします。

発表・発売は

5月中旬の予定。

現在のところ、延期される、
という情報は入ってきていません。

 

>遂に発売!ホンダ 新型ステップワゴン twitterでの評価は?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク