ホンダ 次期s2000はシビックタイプRと同じ2リッター直列4気筒ガソリンターボを搭載?

ホンダS660が発売され、
大きな話題となっていますが、

S660タイプRは出るのか?

試乗の関心はさらに

クローズドボディのS1000と
2009年で販売終了となったS2000の復活です。

ホンダの公式ホームページでは、

いまだに販売終了となって6年が
経過しているにも関わらず、

2009年当時のS2000の情報を掲載しています。

 

そこにどれほどこのS2000が、
ホンダのスポーツカーを代表している
か、が表されています。

さて次期モデルの復活に
関する情報では、

400万円前後の

ピュアスポーツとして
登場することが予想されています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

発売時期は、

2016年の後半
予定されているようですが、
本当に待ち遠しですね。

次期S2000に搭載予定のエンジンは、

シビックタイプR用の

2リッター直列4気筒ガソリンターボ

のようです。

 

シビックタイプRは
かつて若者に支持された名車で、

今でもヨーロッパでは
根強い人気があります。

そのシビックタイプRのエンジンを
さらに350psまでパワーアップしたもの
が搭載されるようです。

 

さらに次期S2000
ミッドシップエンジンになる
可能性があるとの情報もあります。

 

前モデルはフロントエンジン、

後輪駆動でしたが、

この情報が確かだとNSXの弟分の
ような存在として登場することに
なりそうです。

 

デザインはS660やS1000と
同じ流れをくむのではないかと
予想されていますが、

まだはっきりとはわかりません。

 

間もなく、

予算に合わせて3種類のSシリーズから
選ぶことができることになりますね。

 

s2000 新型 価格は500~700万円か?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク