プリウスphv 新型の燃費は60㎞/Lに!?アウトランダーに追いつけるか?

n581

プリウス、PHVにも搭載されている
ハイブリッド機構が
THS-Ⅲに進化することは、以前から
報じられているとおりですが、

これは、

重量がかさむ遊星ギア採用の
動力分割機構はシンプルな
平行ギアにかわり、

クラッチが組み込まれて
エンジンの切り離しが可能に
なると考えれています。

モーターやインバーター、
バッテリーの小型軽量化も
同時に実現してくることでしょう。

プリウスphv 新型は2016年に発売予定。2015年内には次期プリウスが登場。

例を挙げると、

モーターは38kgから25kgに、
インバーターは14kgから、
12kgへとそれぞれ重量低減が図られます

 

これによって、

燃費は大幅に向上し、
最軽量グレードのJC08モード燃費は、

測定値は40㎞/Lを突破する公算が
大きくなります。

 

プリウスの標準車よりも
容量の大きい
バッテリーが搭載されるPHVは、
満充電時のEV走行が26.4㎞/Lから

劇的に伸び、

60㎞/Lに達するとの情報もあります。

 

バッテリー搭載量の違いでも
EV走行距離が2種類から選べる方針を
過去発表されているのですが、

その後の検討を経て、
仕向け地ごとに1種類に集約
されることがわかりました。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

つまり、

販売国における充電インフラの
整備状況や、

試乗ニーズに合わせて
『長』『短』のどちらかが
売り出されるということになるのです。

 

日本では、

アウトランダーPHEVや、
リーフなど、

環境対応車に次々に
投入されているため、

バッテリー搭載量の多い
バージョンが発売されます。

 

モーター走行時の最高速は100㎞/h
に据え置かれる予定です。

内装では、

遠視点メーターに加えて、

ヘッドアップ・ディスプレイも
標準装備される見通しです。

 

指先で触れているときだけ
操作内容が表示される
タッチトレーサー・
ディスプレイに代わる
新たな操作デバイスも

用いられるようになるでしょう。

 

さらに、

センタークラスターは
ピアノブラック仕上げて
モダンな印象が醸し出され、

Tコネクタ対応ナビを装着すれば、

場所を問わず多彩な情報を
得ることができます。

 

プリウスphv 新型は2016年に発売予定。2015年内には次期プリウスが登場。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク