トヨタ 新型プラド ディーゼル発売時期は6月17日。6速ATとの組み合わせでパジェロ凌ぐ?

n600

戦略的な価格設定も追い風となった
CX-5に始まり、

いまや、国産ブランドで
クリーンディーゼル車と
言えば、誰もが『マツダ』
思い浮かべることでしょう。

すでに悲哀ぶりっど発表と
引き換えに廃止されましたが、

じつは日産の方が先に
エクストレイルで実用化
していたものの、

売り出し方に工夫がなかったのか?

いまいち定着しませんでした。

ちなみに、
輸入車マーケットでは
一歩先を行っている
BMWをメルセデスベンツが
追い上げており、

今年はアウディやボルボも
参入する見通しです。

 

環境対応技術として早くから
ハイブリッドを打ち出してきた
トヨタは

ディーゼル乗用車については、
静観を保ってきましたが、

6月17日に沈黙を破って、
国内でクリーンディーゼル車を
投入します。

 

起用されるのは、

新開発の1GD-FTV型2.8L 直4
ユニットで、

プラドに起用されます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

最高出力は177psで、

直4ガソリン車の約2倍に相当する

45.9kgmの最大トルクは
1600~2400rpmに渡って発揮されます。

6速ATとの組み合わせで、

JC08モードは

11.2㎞/L

に達し、

現行パジェロの10.4㎞/L
凌ぐ燃費性能です。

 

バリエーション展開は

5人乗りのTX

7人乗りのTX-L

およびTZ-Gの3タイプ。

 

基本的な装備内容は

現行のガソリン車に準じますが、

TZ-Gだけでなく、

TX-LにもLEDヘッドランプが
標準化される点が異なります。

 

なお、

ディーゼル車の投入に伴って、

4L V6ガソリン車は

ドロップします。

 

カタログから姿を消す、
ということですね。

 

引き続き販売される
2.7L 直4ガソリン車にも

改良が施されます。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

 

エンジン型式は2TR-FE型の
ままですが、

デュアルVVTの追加とATの6速化

によってカタログ燃費は

8.5㎞/Lから

9.0km/Lに向上します。

 

ボディカラーでは

ダークブルーマイカが廃止

鮮やかなレッドマイカM

新色としてラインナップされます。

 

トヨタの試算によりますと、

2.8Lディーゼル車と、
2.7Lガソリン車の価格差は、

クリーンエネルギー補助金
および、

重量税、取得税の免税によって

半分程度に縮まるといいます。

また、

カタログ燃費を使っての
計算ですが、

初回車検までの3年間の
ランニングコストは

ディーゼル車が47万円
ガソリン車が67万円

計算となります。

 

トヨタ新型プラドにディーゼルターボエンジンが登場予定。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク