新型次期プリウスSUVは激戦のコンパクトクロスオーバー市場へ投入。

n621

2015年11月に登場する、
新型プリウスには、

派生モデルとしてSUV
設定される予定となっています。

 

車名は別になる可能性がありますが、

実質的に中身は新型プリウスと
同じ、ということが言われています。

 

リチウムイオンバッテリーを
使う1.8LのTHSⅡを採用するのは
新型プリウスと同じ。

 

新型プリウスと違うところは、

このクルマには1.2Lの
ダウンサイジングターボも
設定されるということで、

シリーズの中での廉価版、
という位置づけになります。

 

この直4、1.2L直噴ターボは、

オーリスのマイチェンで
初搭載された

8NR-FTS型で、

116ps/18.9kgm

のスペックです。

 

オーリスのJC08モード燃費
19.4㎞/Lですから、

このクルマもほぼ
同じような性能になるでしょう。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

注目は、なんといっても

ハイブリッドとなります。

このクラスのSUVは
マツダのCX-3、
ホンダヴェゼル、

日産ジューク

などの人気車が揃っており、

ライバルを明確に
超えていくには、

『武器』

が必要となります。

 

このSUVモデルの場合、

それがハイブリッドで、

プリウスと同じ最新の
本格的システムは他社(車)に

対するアドバンテージになる
ことは間違いないはず。

 

新型プリウスの燃費が
JC08モード燃費で

40.0㎞/L

を目標としているので、

車重が重たい分、

このSUVモデルの燃費は

JC08モードで

33から35㎞/L

というところでしょう。

 

それでもライバル達を
引き離すには十分な燃費性能と
言えるでしょう。

 

あとはデザインと走りや
居住性がどうか?というところ
が気になりますね。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

価格はハイブリッドが
280万円~300万円

1.2L直噴ターボが
230万円~250万円あたりと

予想。

 

当然、

同じカテゴリーの
ライバル車の動きをみてからの
価格設定になるでしょう。

デビューは新型プリウスが
登場してから1年後の

2016年秋ごろになりそう。

 

プリウスSUV スペック予想

全長:4350mm
全幅:1750mm
全高:1600mm
ホイールベース:2700mm
パワーユニット:直4DOHC、1797㏄+モーター
最高出力:110ps/5000rpm
最大トルク:15.0kgm/3500rpm
ミッション:電気式CVT
JC08モード燃費:35.0㎞/L
価格:280万円~300万円

 

トヨタsuvコンパクトカー新型は1.2Lターボで市場に物申す

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク