マツダ新型アテンザクーペはRX-9をベースに?世界でも勝負できるCセグメントカー。

考えてみれば、

RX-7が生産を終了した時点から、

マツダには2ドアクーペモデル
がないのに気付きました。

 

RX-8はスポーティなモデル
ではありますが、

観音開きの4ドアで、

やっぱり2ドアクーペとは
違います。

 

ロードスターはあるものの、

やはり2シーターオープンで、

RHTのルーフを閉めれば
クーペっぽくはなるのですが、

やっぱり純然たるクーペとは
違いますよね。

 

いま、

勢いのあるマツダが計画
しているのが

アテンザをクーペにした
スポーティクーペ。

 

4ドアセダンとワゴンを
ラインアップするアテンザは、

いわゆるCセグメントに属する
アッパーミドルサイズの
ボディサイズとなります。

 

BMW 3シリーズ
ベンツCクラスなどと同じ
セグメントに属するモデル、
ということになります。

 

セダンとワゴンでは
スタイリングのために

ホイールベースを違えるなど、

スタイリッシュなフォルムが
特徴的です。

 

魂動デザインを盛り込んだ
流麗なクーペルックが
よく似合うであろうと思われます。

クーぺには

2750mmのワゴン用
ショートホイールベースが
使用されることになります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

このホイールベースでも
リアシートの足元スペースは
十分余裕があり、

クーペであれば
まったく問題のない後席スペース
となります。

 

アテンザはハンドリングの良さ
にも定評があり、

スポーツクーペの走りとしても
高いレベルに仕上げられる
ことになるはず。

 

搭載されるエンジンは、

直列4気筒2.5Lガソリンエンジン

2.2Lディーゼルターボ

となります。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

軽快な吹け上がりは
ガソリンエンジンが勝りますが、

絶対的トルクに勝る
ディーゼルターボの

パンチのある動力性能も
大きな魅力となるでしょう。

 

デビューは2016年の
秋ごろになるでしょうか!?

新型アテンザクーペ スペック予想

全長:4800mm
全幅:1840mm
全高:1400mm
ホイールベース:2750mm
エンジン:直4DOHC2188㏄、ディーゼルターボ
最高出力:175ps/4500rpm
最大トルク:42.8kgm/2000rpm
ミッション:6速AT
JC08モード燃費:19.0㎞/L
価格:350万円~

 

mpv モデルチェンジ 最新情報。CX-9と車種統合で生まれかわるSUVミニバン。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク