新型カプチーノ画像を見ると、やっぱりかっこいい!

コペンが復活し、
S660が誕生した今こそ、

スズキカプチーノの復活を!!

という声が大きいようです。

 

ネット上では、

カプチーノ復活への期待
もある、と考えられておりますが、

情報はなかなかでてきません。

 

理由としては、

カプチーノを作っても
儲からないという
現実的な判断があります。

軽自動車とはいえ、

カプチーノのような
専用のシャシーと
タルガトップを持つ

モデルを開発しようとすれば、

相当な手間とお金と時間が
かかります。

 

コペンは先代の販売終了から
間が空いておらず、

ある程度の顧客が見込めたのに対し、

カプチーノは1998年に販売を終了
しています。

 

クルマ自体の存在を知らない、

という人も多く、

現実からすれば
開発に『GO』が出ないとしても
納得せざるを得ません。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

しかし、

スズキは、アルトラパンの
ピックアップやオープンを
コンセプトモデルとして
提案してきた歴史があります。

さらに2014年の新車販売台数
における軽自動車の割合は、

40%と年々軽自動車に
注目が集まる中、

スズキブランドを代表するような
スポーツカーの提案、

ということがないわけではありません。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

当然プラットフォームは専用
というわけではなく、

アルトのものが使われるでしょう。

つまりFF、です。

 

FFであっても、

デザインのいいスズキならば、
カプチーノにインスパイア
されたモデルがでてきそうです。

エンジンとミッションは
これから軽自動車で進めていこう
という姿勢を見せるために

アルトターボRSのR06A型と
5速AGSの搭載が考えられます。

気になるルーフはやはり
タルガトップですが、

利便性を高めた収納の
提案もありそうですね。

このところ、
サプライズ続きのスズキだけに
期待したいところです。

 

カプチーノ後継モデル スペック予想

全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1200mm
ホイールベース:2460mm
エンジン:直3DOHCターボ、658㏄
最高出力:64ps/6000rpm
最大トルク:10.0kgm/3000rpm
ミッション:5AGS
JC08モード燃費:25.0㎞/L
価格:220万円

 

次期スイフト 2016年に登場するか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク