スバルレヴォーグにも!?新世代プラットフォーム技術はどう進化するのか?

n632

スバル車の軽量化の要、
プラットフォーム技術はどう進化するのか?

 

スバルは今後展開をする予定の
技術をいくつか公表していますが、

そのひとつが

次世代プラットフォーム

の投入です。

次世代プラットフォームは

【SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム】

と呼ばれるもので、

現在着々と開発が進んでいる
といいます。

 

スバルはこれまで主力の

水平対向エンジン&AWD搭載モデル

をひとつのプラットフォーム

に流用してきています。

 

現在仕様されているのは

2009年登場のレガシィから採用
されたもので、

これをもとに改良して、

今のインプレッサや
レヴォーグなどにも流用しているのです。

 

そして現在、

次世代プラットフォーム

の開発は進行しているのですが、

この次世代プラットフォーム
はどのように進化するのか?

というと、

最も追求しているのが

【軽量化】

と言われています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

スズキもアルトで
新しいプラットフォーム
を採用し、

600kg台の車重と
大幅な燃費向上を実現している
ことでもわかる通り、

軽量化は燃費に大きく関わる
要素なのです。

 

そのうえで、

スバルは動的な質感の良さ、

衝突安全性、

という軽量化と相反する性能を
すべて向上させるべく、

開発が進められています。

 

さらに、

次世代プラットフォームは、

投入してから10年程度は
使用することになるため、

自動運転にも対応した
性能も追求されるといいます。

 

この次世代プラットフォーム
は次期インプレッサから
採用さえる予定だということですから、

要注目です。

 

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク