新型オーリス 評判はどう?試乗するとターボの方がやっぱりよい。

WS000000

4月7日にマイナーチェンジ
を実施して

ダウンサイジングターボ
エンジン8NR-FTEを搭載した
新型オーリス

 

1.5L1.8Lエンジン搭載車
もありますが、

やっぱり注目は

1.2L、直4ターボエンジンを搭載する
120tです。

 

この新型オーリス、

結論から言ってしまうと

『かなりいい!!』

という評価です。

 

走り出すとCVTは
エンジン回転をあまり
上げないような制御で、

1000~1500rpmあたりを
使ってトルクで速度を乗せていきます。

 

60㎞/h巡航時の
エンジン回転は1200rpmで80㎞/h
に速度を上げても1600rpm程度。

 

かなりハイギアな設定をしています。

CVTのギア比幅は1.8L車や
1.5L車と実は同じなのですが、

最終減速比はそれぞれ

5.356と5.698で

120tが圧倒的にハイギアで
あることが確認できます。

 

 

オーバーオールギア比で見ると、

巡航時のいわゆるトップギアは
120tが1.88となるのに対して、

1.8L車が2.12、

1.5L車は2.25となります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

結構きつい坂でも

アクセルをジワリと踏みこんで
いくと、

最大トルク発生回転の
1500rpmあたりを
維持しながら

スルスルと速度を乗せていきます。

 

アクセル操作に対する反応もよく、

運転感覚は過給エンジンの
雰囲気ではありません。

かといって、

最大トルク18.9kgmから
見る2LのNAエンジン的かというと

これも違う。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

2LNAエンジンであれば、

最大トルクは4000rpm~5000rpm
発生するため、

加速時にはエンジンを
回している感覚です。

 

ですが、この1.2Lターボは
3000rpm以上に回すことは
あまりなく、

1000~2500rpmあたりを
うまく使って走るのが新鮮なのです。

試乗前は欧州仕様に設定される6速MT
があればいいのに・・・

 

とかCVTではなく6速AMTの方が
楽しいのでは・・・?

など思ってしまうのですが、

実際に乗ってみると、

1000rpm以下で過給のかからない
極低速域はトルクコンバーター

のトルク増幅で不足する

エンジントルクをうまくカバー
していて、

一方、過給がかかり、

トルクが立ち上げる領域では、

CVTが変速比をリニアに微調整
することで、

エンジンの効率のいい回転域
を使って、

性能を引き出している、
ということを実感するでしょう。

 

オーリス120t、

鳥肌が立ちますよ。

 

新型オーリス スペック

全長:4330mm
全幅:1760mm
全高:1480mm
ホイールベース:2600mm
車重:1300kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
排気量:1196㏄
最高出力:116ps/5600rpm
最大トルク:18.9kgm/4000rpm
JC08モード燃費:19.4㎞/L
価格:259万37円

 

新型次期プリウスSUVは激戦のコンパクトクロスオーバー市場へ投入。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク