新型カローラフィールダー評価も上々。CMでも加速がいいということが伝わってくる。

カローラシリーズ
がマイナーチェンジをしました。

セダンのアクシオも
ワゴンのフィールダーも

アンダーグリルが

ガバっと大きく口を開けたような
デザインと、

フロントマスクのキーンルック
がより強調された印象を
受けます。

 

この姿を見ていると、

内外装を手に入れる、

いわゆる、

『定期的なマイナーチェンジ』

と思ってしまうのですが、

もちろんそれだけでは
ありません。

 

思った以上に『中身』が
大きく変わっていることに
気づくでしょう。

なんといっても
一番のポイントは

『トヨタは大いに遅れをとっている』

と言われていた自動ブレーキ
システムを採用した、

ということにあります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

『トヨタセーフティセンスC』

と呼ばれるシステムで、

赤外線レーザーと
単眼カメラを組み合わせた
センサーにより

前方をサーチ。

 

人間の検知機能は持たないものの、

オプション価格で税込5万4000円
という価格で、

10㎞~80㎞/hの速度域を
カバーし、

最大30㎞/hの速度差を
自動ブレーキにより

衝突回避します。

 

つまり、

前方に停止している
クルマがあり、

運転者がよそみをしている
場合でも、

自動ブレーキで衝突を回避し
停止する、

ということです。

 

35㎞/hでも
まだまだ余裕の距離を残して
停止をします。

40㎞/hあたりでも
完全停止できそうな感が
あるシステムです。

このシステムは上級グレードには
標準装備となります。

新型次期プリウスSUVは激戦のコンパクトクロスオーバー市場へ投入。

スポンサーリンク
スポンサーリンク