ダイハツ新車計画2015年以降はどうなる?

WS000002

ダイハツは2014年、
コペン、ウェイクと話題を
提供してくれましたが、

今後の課題はタントを
どう進化させていくか?

というところにあります。

 

2016年春には、
タントエグゼが控えていますが、

本体タントのフルモデルチェンジ
はこれまでのサイクルでいくと、

2018年の予定に。

2016年にビッグマイナーを
行い、売上をキープしたいところですね。

 

いっぽう技術的なところは
スズキ同様に進んでいるところがあり、

コペンに樹脂外板を採用したのも
そのひとつです。

コスト的に鋼板パネルよりも
下がるので、

使用する部位を増やすことで
1台当たりの利益を
高くすることができます。

この技術をどのくらい
使ってくるのか?

注目が集まります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

2015年

JC08モード燃費40㎞/L
オーバーで新型ミライース登場。

さらにココアも新型になります。

そして丸目コペンにも
スポーツモデルが登場します。

09月:ミライース
秋:コペンスポーツ
冬:ミラココア

 

2016年

ダイハツの売れ筋、
タントエグゼが投入されます。

ボディには樹脂外板を使用して
大幅に軽量化されるという
ことが噂になっています。

春:ビーゴ
春:タントエグゼ

 

2017年

現在爆発的人気のムーブですが、
2017年にはテコ入れがされます。

大きな変更点はフロントフェイス。

樹脂外板だから変更するのは
簡単です。

 

2018年

ムーヴに続いて
コペンも早い段階でテコ入れします。

このモデルも2014年コペンから
続く樹脂外板が多量に
使用されるはずです。

タントも大変身する予感!?

 

2019年

ミラフルモデルチェンジの年。

イースと差別化を図るために、
新たなネーミングで登場する、
ということも考えられますね。

 

2020年

2016年に登場したタントエグゼを
ビッグマイナーチェンジ。

背の高さはウェイクほど、とは
いかないですが、

室内の快適度はアップする?

 

各メーカーの新車情報はこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク