新型プラド ディーゼル 最新情報。トヨタ初の2.8Lクリーンディーゼル1GD-FTVを搭載

6月17日
マイナーチェンジを受ける

トヨタの
ランドクルーザー・プラド

 

トヨタ初の
2.8Lクリーンディーゼル

1GD-FTVを搭載します。

 

国産車でもっとも
リセールバリューのいい
クルマの1台といえる、

ランドクルーザー・プラドが

6月17日にマイナーチェンジ
を受けます。

 

エクステリアや、

カラーリングの変更

わずかですが、

中身は激変。

 

V6、4Lガソリンモデルに
代わって、

直4DOHC2.8Lディーゼルターボ
エンジンを搭載するのです。

 

プラドとしては

2007年以来のディーゼルの
復活といえます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

もちろん、

このディーゼルは、
ポスト新長期規制を
クリアした、

クリーンディーゼルで、

トヨタの乗用モデルとしては
初、ということになります。

ディーゼルで出遅れていた
トヨタが本気になったと
いえるモデルでしょう。

 

1GD-FVTエンジンは、

欧州のユーロ6もクリア
しており、

高い人気を誇る欧州市場を
視野に入れたものです。

 

このディーゼルエンジンは、

尿素SCRシステム、という

NO x 低減装置を使います。

メルセデスのブルーテックや
大型トラックなどが
使うタイプなのですが、

約15000㎞ごとに
尿素水の補充が必要となります。
(約12L)

煩わしい、ということも
ないのですが、

めんどくさい、と感じる人も
いるかもしれません。

組み合わされる
トランスミッションは、

6ATで、
JC08モード燃費は11.8㎞/L

と結構優秀。

この数字はV6、4Lモデルが

7.9㎞/Lだったこともあり、

かなり燃費のいいモデルに
仕上がっています。

 

ちなみに、

パジェロの
直4、3.2Lディーゼルターボは
10.4㎞/L

マツダのCX-5は、
2.2Lディーゼルターボは
18.0㎞/L

となっていまs。

最高出力は177psと控えめですが、

最大トルクは46.0kgmと
かなり強力。

ランクル200がV8、4.6Lで
46.9kgmなので、

それに匹敵するトルクです。

 

また、

直4、2.7Lガソリンエンジンも

デュアルVVT-iや、

6AT化によって、

JC08モード燃費は8.5㎞/Lから

9.0㎞/Lへと向上しています。

 

ディーゼル車の価格は

5人乗りのTXで

400万円ほど。

最上級の7人乗りのTZ-Gが

520万円ほどになりそうです。

 

新型プラドディーゼルエンジン スペック

全長:4760mm
全幅:1885mm
全高:1835mm
ホイールベース:1835mm
車重:2300kg
エンジン:直4DOHCターボ
排気量:2755㏄
最高出力:177ps/3400rpm
最大トルク:46.0kgm/2400rpm
ミッション:6AT
JC08モード燃費:11.2㎞/L
価格:400万円~520万円
タイヤサイズ:265/60R18

 

トヨタ 新型プラド ディーゼル発売時期は6月17日。6速ATとの組み合わせでパジェロ凌ぐ?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク