トヨタとマツダの技術提携5 トヨタが欲しいのはディーゼルエンジンか?

トヨタが欲しいメインは
当面、ディーゼルエンジン
あることは間違いありません。

ハイブリッド技術に
エンジン開発の主力を
注いできた結果、

トヨタは熱効率の高い
ディーゼルエンジンの開発に
手が回らなかった、

というのが実情でしょう。

その間にマツダは
後処理装備の必要ない

次世代クリーンディーゼル
を開発し、

CX-5から搭載を開始しました。

ある意味でマツダを救った
革新的なエンジンとなったんですね。

その力強さ、

経済性の高さをトヨタの
SUV、ミニバン系の
心臓部に欲しい、と
トヨタの目論見があります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ハイブリッドにないトルク
の太さで新たな魅力を
トヨタ車に加えることができます。

今後、

プリウスのプラットフォーム
を使った新しい2LサイズのSUVを

トヨタは用意していますが、

現在は1.8Lのハイブリッドが
メインとなります。

これに1.5Lディーゼルターボ
があれば、その走りは
大きく変わることでしょう。

 

CX-3や、CX-5の価格を考えると、

ハイブリッド車と同程度で
販売することもできます。

 

もちろん、

トヨタが必要としている
ディーゼルマーケットは

ヨーロッパが主戦場で
あることは間違いないです。

燃費効率がよく、

パフォーマンスの優れる
マツダのディーゼルは

アイゴクラスのAセグメントから、

それこそレクサスLSまで
オールジャンルで欲しいところ。

マツダディーゼル技術を
使えば、開発コストをを
抑えたニューエンジンの開発も

夢!?ではないでしょうしね!

 

トヨタとマツダ 提携発表1。『もっといいクルマ作り』に向けて。

トヨタとマツダの提携2 その関係とは?ハイブリッド技術とスカイアクティブ技術

トヨタとマツダの業務提携3 噂のスモールFRは協業でつくるのか?

トヨタとマツダの提携4、記者会見では終始にこやか。 スモールFRのエンジンは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク