トヨタとマツダの提携7。ハイブリッド搭載のプレマシーなんかでたらいいと考えてみる

WS000012

トヨタが目指している

『もっといいクルマ作り』

”トヨタニューグローバルアーキテクチャー”

のために、

マツダのスカイアクティブ技術
が大いに魅力的に見える
ことでしょう。

 

マツダとしても

トヨタとの提携は、

生き残りをかけた重要な
パートナーとして

重要な存在であることは
間違いないはず。

 

そのトヨタとマツダが
それぞれ欲しいと思っている
技術について考えてみました。

まずはトヨタから。

 

なんといっても
スカイアクティブ技術。

マツダのスカイアクティブテクノロジーは、

ボディ、シャシー、エンジン、
ミッションまですべてにわたり
欲しいところ。

 

特に軽量化と
ディーゼルエンジン技術が
トヨタの狙い、でしょう。

 

水素技術。

長い間開発してきた
マツダの水素ロータリー技術。

RX-8を使った水素ロータリーは、

水素を直接の燃料として
開発してきました。

次のステップとして

水素ロータリーエンジンを
発電機としたEV。

FCVと同様、水素で発電させた
動力で走るようにするなら、

プレマシーを使った
システムが有効かも・・・・

 

マツダが欲しい技術。

FCV技術

トヨタのFCVミラは市販化され、
その技術もある程度確立された、
といえます。

 

しかし、

だからといってFCVをどこで
も作れる、というわけではありません。

 

EV技術

トヨタも長年EVを研究して
きましたが、

パーソナルモビリティとして
i-ROADなどに主力を
置いているようにも見えます。

 

もちろんIQベースの
EVコミューターを
モーターショーでも
何度も提案し、技術はもっています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ハイブリッド技術

世界中で100万台以上走る
トヨタのハイブリッド車。

 

THSⅡの遊星歯車を使った
技術はシンプルですが、

制御の難しさからトヨタ以上の
燃費を得るのは難しい
言われています。

 

トヨタとしても今後、
コンベンショナルな技術が
進歩しているため安心は
できません。

 

プリウスベースのSUVに
ディーゼル搭載か?

トヨタは現在プリウスの
プラットフォームを使った
2LクラスのSUVを開発中です。

 

早ければ来年にも登場しますが、

ヴェゼルやCX-3、エクストレイル
など競争の厳しいジャンルで
生き残るには、

燃費だけでなく、

走る楽しさも提案したいところ。

 

そのためにも
マツダのディーゼルは武器になります。

当然、ディーゼルモデルも
欲しいところですよね。

 

提携第一弾はEV車か?

提携発表前から動き始めている
といわれている電気自動車。

86やBRZと同様、

同じボディを両メーカーから
販売します。

日本、北米を中心とした
モデルですが、

両社で販売することは
スケールメリットにも
繋がります。

 

ボディサイズは、

全長:3700mm
全幅:1695mm
全高:1550mm

と5ナンバーサイズに。

価格は250万円程度が有力です。

 

次期プレマシーがこれ?

ってことはないですよね。

 

トヨタとマツダ 提携発表1。『もっといいクルマ作り』に向けて。

トヨタとマツダの提携2 その関係とは?ハイブリッド技術とスカイアクティブ技術

トヨタとマツダの業務提携3 噂のスモールFRは協業でつくるのか?

トヨタとマツダの提携4、記者会見では終始にこやか。 スモールFRのエンジンは?

トヨタとマツダの技術提携5 トヨタが欲しいのはディーゼルエンジンか?

トヨタとマツダ包括提携6 燃料電池車低燃費技術で?マツダのメリットは?

トヨタとマツダの提携7。ハイブリッド搭載のプレマシーなんかでたらいいと考えてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク