トヨタ新車情報。2015年以降の計画はどうなる?

WS000006

既存のTHSⅡは膨大は開発費が
かかった代物ですが、

いまでは量産効果が上がり
かなりコストを減らすことが
できています。

今後は、これをマイナーチェンジ
して使い続けることで、

さらに量産効果を高めて
コストを下げる戦略です。

 

そのためにSiC半導体の採用と、

バッテリーの改良で
ワンステップ上にのぼろうとしています。

 

一方FCVに関しては、

まだまだ実験的な試みです。

トヨタは2020年までには
3台のFCVを登場させると
豪語していますが、

こちらはトヨタだから
できる先行投資、

と言えるでしょうね。

 

新車導入スケジュール

2015年

後半からは5台の
ニューモデルが発表されます。

注目はなんといっても
プリウス。

新型はなんと
JC08モード燃費が40㎞/Lを
超えてくる?というから
ビックリです。

07月:シエンタ
10月:クラウン2Lターボ
11月:プリウス
12月:ビーゴ

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

2016年

2015年に続き、
2016年も新型車が大量に
出されます。

注目はいま鋭意製作中と
言われている
コンパクトFRスポーツと
86の4ドアバージョン。

またエスティマも
マイナーチェンジする予定です。

??月:JJPNタクシー
??月:プリウスSUV
??月:コンパクトFRスポーツ
??月:86セダン
??月:マークX
05月:エスティマ

 

2017年

2013年東京モーターショーで
発表されたタクシー専用モデルが登場します。

そして謎のコンセプトモデル
とセンチュリーが登場。

??月:ライトウェイトコンセプト
??月:センチュリー

 

2018年

旧スープラの後継となる
FT-1は、BMWとの提携を生かした
ニューモデルとなりそうです。

注目はカーボンとアルミの軽量ボディです。

 

新車情報の最新記事はこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク