新型アテンザワゴン 試乗レポート3 ディーゼルエンジンのトルクは高い

欧州系上級ワゴンに
負けない品格と質感と
艶っぽさをもっている
アテンザワゴン

ワゴンに妖艶な感じを取り込む
のは意外に難しいところ。

 

そういう意味では、欧州で
戦っているマツダだけに、

質感、色っぽさともに
頑張っているといえるでしょう。

 

ただ、日本の交通事情の中で
見ると、

残念ながら、大きさが際立つ
という問題もあります。

アテンザワゴンのラゲッジスペースは

ボディが大きいので当然のことながら、
広さは文句なし。

 

トノカバーも使いやすく、
開口部の高さもこのランクでは
かなり低いほうでしょう。

 

ラゲッジには文句なしといえます。

ドライバーの認知性、
認識性を高めるために、

シフト後の
コマンダー・コントロールで
操作する独自のインターフェイス

”マツダコネクト”

や、

メーターフード前方に立ちあがる
アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

など様々な工夫が見られます。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

一方で、

それらの操作には、

ある程度、慣れが必要になることも確か。

リアシートは大き目なので、

ゆったりと寛げますが、

着座位置が低めなのに
窓の下端位置が高いので、

中肉中背の方だと、
少し見えにくいのかもしれません。

 

ワゴンでワイワイ
ドライブ、っていう感じなら、
もう少し見晴らしのいい着座位置
を設定できればよかったのか?

 

と思います。

アテンザワゴンの全長4805mm

というサイズは、

狭い路地などを
クネクネ走ることを考えると、
少々もてあまし気味。

 

とはいえ、

トルクフルなディーゼルエンジンは、

ストップ&ゴーが多い街中、

加速車線の短いバイパスなどで
扱いやすさが別格。

 

ハンドリングも素直なので、

サイズ以上に乗りやすい感覚です。

乗り心地も適度に引き締まっており、

疲れが少ないクルマでもあります。

 

新型アテンザワゴン 試乗レポート1 注目はXD Lパッケージ

新型アテンザワゴン 試乗レポート2 安全装備は充実している

スポンサーリンク
スポンサーリンク