プリウス 新型 2015年モデル カラーもほぼ決定。自然色をメインに。

WS000006

エンジン

JC08モード燃費
40.km/Lの大台へ
決め手はSiC半導体の採用です。

 

新型プリウス最大のポイント
となるのが燃費ですよね。

ついに40.0km/L

の大台に突入すると
言われています。

 

トヨタのハイブリッドの
中で最もいい燃費をマーク
するのは

1.5Lエンジンを積む
アクアで、

37.0km/L

を誇ります。

現行プリウスでは
Lグレードで32.6km/L
がやっとです。

アクアやカローラアクシオに比べ、

ひと回り大きいプリウスが
次期モデルでは燃費が
大きく向上します。

 

その理由のひとつに
昨年技術発表され、

現在もカムリで実証中の
パワーコントロールユニット

(PCU)があります。

新素材のSiCパワー半導体
を使うことにより、

車両全体の電力損失を抑え、
高効率に電気を抑制することが
できるといいます。

 

トヨタによれば、
この新型PCUにより、

10%の燃費の改善が見込めると
いわれており、

単純に計算しても
現行プリウスで37.0km/L
という計算になります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

さらに電池をリチウムイオン
にすることで、

パワーのアシストプリット
などの効率も向上、

エンジン本体、
モーター系の進化、
そして軽量化などで
40.0km/Lを
達成するというものです。

 

エンジン自体は現行モデルと
同じ2ZR-FXEです。

 

1797㏄ながら、

エンジン自体のパワーは99ps
から多少アップし、

105ps程度になり、
モーターも82psから
90ps程度に向上します。

 

システム出力も136psから
145から150ps程度
引き上げられます。

ただ、

パワーユニットの
出力アップは走行性能面よりも
燃費面に充当され、

現行モデルにもある
『EVドライブモード』

などで、

これまでよりも長くモーターで
走れることにより、

トータル燃費を上げることができます。

乗用車で40.0km/Lという
厚い壁を破ることがついに
実現します!

 

[icon image=”arrow1-b”]カラー

ボディカラーは9種類。

グリーン系の自然色がメイン。

ボディーカラーの最終決定は
発表直前になるといわれていますが、

すでに基本想定色の9色は
有力候補としてリストアップ
されているといいます。

・フロスティグリーンマイカ
・ライトパープルマイカ
・ボルドーマイカメタリック
・レッドマイカメタリック
・ブラック
・シルバーメタリック
・スーパーホワイトⅡ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ダークバイオレットマイカメタリック

 

人気の記事
プリウス 新型 東京モーターショーででるぞ!価格は20万円アップの240万円から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク