ホンダシャトル試乗レポート。『クラスが違う』

WS000000

先代のフィットシャトル
に比べると、

ベースとなったフィット
に対する

『新型シャトル』
違いは明らかに振れ幅が
大きい、ということ。

ひと目でわかるフロント
マスクの違いはもちろん、

ストレッチされた
カーゴスペースまわりの処理、

リアコンビランプの形状など、

はっきりとした意志を
持って、

『クラスが違う』
ことを伝えようとしています。

 

果たしてここまで
差をつける必要が本当に
あったのでしょうか?

そんなルックスの進化に
対する様々な疑問に
ついて考えていきます。

 

たとえば、
新型のエクステリア・デザイン
のテーマは

【スタイリッシュ・ユーティリティ・ブレーク】

見た目、使い勝手ともにクラス
を超えた新しいワゴンの
価値を目指した、といいます。

 

それならばあえて

フィットをベースとするのではなく、

たとえば、より上級な
コンパクトサルーン
として生まれたグレイス
もとにする選択肢もあったので
はないか・・・

とも思われます。

 

しかし、

機能としてもプロポーション
としても、

フィットのセンタータンク・
レイアウトがもたらしてくれる
優れたパッケージングを
生かしながら
スペースを確保したほうが、

より新しい価値観を
生み出しやすい、
という結論がでていたのです。

 

さらに、
グレイスのホイールベース
の長さは、

ラゲッジなどへの干渉も
大きくなってしまうそうです。

 

機能重視での
フィットベースというチョイス
ですが、

その一方で随所に
専用デザインを奢っています。

 

たとえば、
その顔立ちは、

プレーンなイメージから一転、

ヘッドランプ上まで大胆に
伸びるメッキパーツなど、

アグレッシブ感、
先進感、

ともに独特の表現で
まとめられています。

 

わかりやすい上質感、
それからワイド感が
必要だっというシャトル。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

より上級なクルマから
乗り換えてもらう

”ダウンサイジング層”

の皆さんにも満足してもらえる、
ボリューム感と表情を
生み出したかった、といいます。

よく見るとフィットよりも
厚みが増したボンネットもまた、

シャトル専用の上質感、
存在感の演出がされています。

 

ストレッチした
ボディ後半部分に
負けない量感が、

フロント部分にも必要でした。

 

ここでも単に、
フィットを延長した
だけのクルマではない、

と主張しているようです。

 

同じくワイド感によって
より上質な佇まいを
強調しているのですが、

あたかも新型NSXの
ようなダイナミックな
フロントロアグリルの造形。

 

コンパクトワゴンとしては
トップクラスの空力特性を
実現しているといいます。

インナーハウスには、
しっかりと風が抜けるような
構造も採用しています。

 

横長のリアコンビランプも
リアビューのワイド感を
強く感じさせ得るシャトル
独自のアレンジです。

リッドランプにも
横長のLEDランプを
設定することで、

点灯時にはさらに強烈に
幅の広さをアピールしています。

 

5ナンバーサイズという
制約の中で、

『狭さ、安っぽさ』

を払拭するための工夫
をしているのです。

 

ホンダシャトル試乗レビュー!ポイントはクラス最強のラゲッジスペース。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク