次期マークx 画像 2LクラスFRとして復活なるか?

WS000009

≪スポンサーリンク≫


将来が不安なマークX
でしたが、

ここにきて大きな動きがありました。

日本国内での新型ベンツ
CクラスやBMW3シリーズなど、

比較的小さなFRセダンが
好調な上、

AUDI A4やフォルクスワーゲン
パサートなど、

ミドルサイズサルーンの人気が
高まってきています。

 

そうした流れを受けて、
本来であれば輸入車対抗の
レクサスISをぶつけてくる

というところでしょうが、

もう少し価格の安いマークX
対抗すべきでは?

という声が高く、
近く次期マークXのプロジェクトが
本格稼働するといいます。

 

ある関係者は、

現行マークXは
大きくなりすぎ、
乗用車的になってしまったと
話をします。

それは、

ヨーロッパのミドルサイズ
サルーンはエンジンの排気量を含め、

コンパクトにまとめられ、

サイズは小さくなっているのに
凝縮感があります。

マークXも以前の
アルテッツァまで、

とはいかないまでも

アルテッツァが進化したような、

スポーティなセダンを狙う
方向で再提案されるのではないか?

と説明するのです。

アルテッツァの進化形は
実質的にはレクサスIS

なのですが、

ブランドイメージを
優先するために
プレミアム路線に走り
効果になってしまいました。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

そのため少し裕福な
クルマ好きは輸入車に
向かったとも言われています。

そうした中にあっても
200万円台後半から300万円台前半で、

買えそうなFRセダンは必要でしょう。

現在マークXも2.5Lが
280万円くらいから購入できます。

 

しかし、

欲しいと思わせる演出も
しなければ、

デザインも古くなってきています。

そこで今浮上しているのが、

もう少し小さ目の
2L~2.5LクラスFRスポーツセダン。

新車情報。無料査定サイトはもう古いの?最新の値引き交渉術とは?

マークXといえば、
マークⅡから引き継いだ
ビッグネームです。

それなりに魅力はありますが、

中途半端な立ち位置に
いることは否めません。

クラウンやレクサスISに
2Lターボが付く今後、

1.4Lターボや
直4の2Lクラスのハイブリッド
のFRスポーツモデルが
ほしいところです。

BMW3シリーズはレクサスISに
まかせるとしても、

フォルクスワーゲン、パサート
やボルボS60など
中型のミドルサイズサルーンに
対抗できるような骨太なFR車が

欲しいところですよね。

1.5L~3Lクラスまで撃沈状態の
日本のセダン。

ここらでマークX当たりが世界を
驚かすようなスポーツセダンに
なってもらいたい、

と思いませんか!?

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク