次期新型スイフト実燃費は20㎞/L以上か?カタログ上では30㎞/Lは超えたい。

WS000004

次期新型スイフト実燃費

スイフトはスズキ自動車が
製造販売を展開する
コンパクト乗用車です。

スズキ自動車は、
従来より軽自動車製造に
特化しており、

他社が普通乗用車製造を
続ける中でも、

燃費に拘った自動車製造に
取り組み、

現在でも研究開発を進めています。

 

現在販売されている
スイフトは3代目となるモデルで、

2010年にフルモデルチェンジ
を果たすと、

年間4万台以上売り上げる
ヒットとなり、

とくに人気のポイントとして

旋回性・居住性と共に
パワフルでありながら
低燃費であることが評価されています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

CVTの搭載や
アイドリングストップ機能により、

JC08モードでの26.4km/L

を可能とし、

オーナーによるアンケートでの

実燃費も17km/L以上
非常に評価が高いです。

 

インターネットや
各メディアでの情報で
次期新型スイフトの
フルモデルチェンジ情報が
流れていますが、

スイフトのフルモデルチェンジは、

2016年に計画されており、

新型ハイブリッドエンジンの
搭載が計画されています。

 

次期新型スイフトの
新型ハイブリッドエンジンは、

JC08モードで30km/Lと
クラス最高燃費で、

想定される実燃費も

20km/L以上となる予定で、

ユーザーの獲得を
図ることになるでしょう。

あなたのクルマを簡単に高く売るには?

一部メディアで
公開されている情報では、

シルエットがヨーロッパの
コンパクトSUVのデザインを
モチーフに精悍なイメージとなり、

空気抵抗を抑えた流線型のデザインで、

ここにも次期新型スイフトの
燃費向上の秘密があります。

 

スズキは「エネチャージ」

減速エネルギー回生システムを
市販車の多くに採用しており、

次期新型スイフトには
減速エネルギー回生システムに

ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)

を組み合わせた

「マイルドハイブリッドシステム」
を採用する予定で、

実燃費向上に努めています。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク