スズキ新車情報2015 ソリオ アルトワークス スイフトスポーツ

WS000017

◆ソリオ

地味ながらコンスタントに
売れているクルマといえば
ソリオ。

そのソリオがこの秋にも
フルモデルチェンジされます。

スタイリングは洗練され、

堂々としたものに。

 

大幅に剛性をアップしながら、

10%以上軽量化した
新型プラットフォームを採用
することで、

居住性と運動性能を両立します。

サイズ自体は現行同様
スイフトよりも小さく、

全長-は3700mmプラスα

というところ。

Aセグメントに当たるモデル
になります。

 

このセグメントの強化を、

スズキは宣言しており、
ソリオが新型採用の第一号
となります。

エンジンは1.2Lのデュアルジェット
エンジンですが、

エネチャージから
Sーエネチャージに変更して、

JC08モード燃費で30㎞/Lに
迫る低燃費を手に入れてくる。

さらにPHVが追加される、
という話もあり、

レンジエクステンダーを
研究してきたスズキだけに
期待が大きいです。

あなたの愛車を簡単に高く売る方法は?

 

◆アルトワークス

アルトターボRSにMTが
あったら・・・と
思うのは誰でもあるのでは
なかろうかと思います。

ホンダにS660、
ダイハツにコペンという

会社を代表するスポーツモデル
がある中、

アルトターボRSでは少し
物足りないところ。

当然、そこはワークスで
なければならないことも
スズキは承知しているはず。

どうやらアルト誕生の1年後、

年末にもワークス誕生が
有力視されています。

MTモデルはローダウンさせた
専用サスと
専用ブレーキ、
大径タイヤ、
高回転までまわる専用エンジン

など、ワークスと名乗るに
ふさわしいモデルになるはず。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

◆スイフトスポーツ

スイフトは2010年の登場
なので、2016年には
フルモデルチェンジが確実。

当然、新型をベースにした
スイフトスポーツが開発されますが、

スイフトは
ジュネーブモーターショーで

発表した

『ブースタージェット』

と呼ぶデュアルジェットエンジン
を直噴&ターボ化した3気筒
1L直噴ターボエンジン搭載が
決定しています。

 

では、

スイフトスポーツのエンジン
ユニットは?というと、

4気筒1.4L直噴ターボと
予想されています。

ほぼ2.0Lに匹敵する
パワーとトルクを発生すると
いうから

最高出力180ps、
最大トルク20.kgm

くらいは期待できそうです。

スズキは軽自動車に続き、

小型車も新型軽量プラットフォーム
の採用を進めており、

おそらくスイフトスポーツは
1000kgを切ってくる

と考えられています。

 

そのボディに180psの
ターボエンジンが搭載される
ということですから、

かなり走るに違いありません。

もしかしたら、ゴルフGTI
をも超えてくるモデルになるかも!?

 

さらにスイフトスポーツは
ターボエンジンですが、

Sーエネチャージが採用
される、ということも
考えられます。

そうなれば、

30.0㎞/Lに近い
低燃費実現となることも。

走る、低燃費、
申し分ないですよね。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク