ランクルプラド ディーゼル 2015 搭載されたエンジンはプラド専用エンジン?

ランドクルーザー・プラド
にマイナーチェンジで

1GD-FTVと呼ばれる
新型クリーンディーゼル
が登場しました。

トヨタもいよいよディーゼル
乗用車市場にカムバック、?

とランクルファン
以外も少なからず波紋を
呼んでいるみたいです。

 

しかし、

今回発売されたGD系は、

長年使われてきたKD系を
置き換えるもの。

欧米やアジアを中心とした
グローバル市場で、

ランクルやハイラックスに
幅広く搭載される予定の
グローバルディーゼルエンジンで、

セダンなど他カテゴリーへの
搭載予定はありません。

 

今回プラドに搭載されるのは、

そのシリーズの中でも
最もハイテクを駆使した
クリーン仕様ということになります。

 

この辺の開発コンセプトに
ついては、

担当者いわく、

今回日本市場にディーゼルを
投入できたのは、

欧州でユーロ6規制が施行
されてクリーンディーゼルの
市場規模がグローバルで拡大
したため、

ということで、

つまりは、マーケット拡大で
コスト低減の目処がついたから、

日本市場でもクリーンディーゼル
の発売が可能になった、
ということなのです。

 

さすがに”石橋をたたいて渡る”
トヨタというべきか?

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

クリーンディーゼルは開発費も
巨額なんですが、

ユーザーにも価格面で
そのコストを負担して
もらわなければなりません。

このあたりのリスクを慎重に
見極めたうえでの、

ランドクルーザー、プラド
クリーンディーゼル登場、

なのです。

新型プラドを賢く購入する方法とは?

 

ただし、

やると決めたら技術的には
とことんやるのがトヨタ流。

 

この1GD-FTVは
クリーンディーゼルとしての
最新トレンドを惜しみなく
投入した力作といって
過言ではないでしょう。

 

技術的な特徴というと、

今回注目されているのは、

断熱ピストンと尿素SCRによるNox還元。

断熱ピストンは世界初、
尿素SCRも乗用ディーゼル
としては国産初の採用となります。

 

新型プラドの関連記事はこちらから。

新車情報のもくじページはこちらから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク