次期新型GTRに衝撃の事実が! 4ドアGT-Rとして世界を席巻。

次期新型GTRに衝撃の事実が!

現行モデルでも、
長い間テストされ、市販ベース
のテスト車もずいぶん
テストされていたGT-Rセダンに
関して、

現在は白紙になっていると
言われています。

しかし、

次期GT-Rが4ドアを検討している
という情報が入ってきているので
お届けしようと思います。

 

日産のモータースポーツと関係が
深い関係者の話によると、

すでに次期GT-Rの開発は
日本ではなく、

北米かヨーロッパで
行うことがほぼ決定していると
言われています。

 

次期新型GT-Rがなくなった、
ということではなく、

拠点を海外にし、

モータースポーツに
精通しているエンジニアが
担当をしているというのです。

2012年のジュネーブショーで
公開されたEVスポーツの
インフィニティエマージは

ヨーロッパで制作されたと
いうことで、

ルマン用でだされた今回の
GT-R LM NISMOについも
北米で開発され、

2014年の3輪のEVマシン、

ZEOD RCも北米で
行われています。

 

最近のモータースポーツ部門
の開発は、

日本のGTR選手権以外は海外が
主体となっているということ
なのです。

特にモータースポーツ技術を
生かせるハイパフォーマンスカーの
GT-Rの開発が海外に
移されたとしても
なんら不思議なことではありません。

今回の4ドアについては、
ここ最近の高級スポーツカーの
市場に変化があり、

それに対応するためにGT-Rを
4ドア化させる、ということに
なったのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

フェラーリや、ランボルギーニ、
マセラティなどの
超スーパーカーは

”エキゾチック”なデザインで
ユーザーも変わりません。

 

現行GT-Rはこの分野の
クルマに対して、

対等以上のパフォーマンスを
示すことで仲間入りを
果たそうとしていました。

ポルシェやメルセデスも
911やAMG GTで、

それに近い分野を狙いますが、

ポルシェ、メルセデスベンツ、
アウディに関しても、

ベースとして4ドアの
スーパースポーツが存在します。

 

日産としては、

パナメーラのような
エグゼクティブサルーン系の
1台として、

次世代型のGT-Rを設定したほうが、

メリットがあると考えたのかも
しれませんね。

 

ブランドとしては
当然インフィニティとして
出る可能性が高いです。

2ドアと4ドアの設定も
否定できません。

そして、待望のデビューと
して考えられるのは、

2018年と考えられています。

セダンが壊滅的な状態の
日本メーカーの中で、

GT-Rがどのような存在に
なるのか、注目です。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク