小型nsx コンセプトカーのデザインも確定。エンジンは2L直噴ターボ+SH-AWD 予想以上に開発が進んでいる。

WS000007

5月下旬のことでしたが、
オランダのウェブサイト、

『auto visie』が
公開した衝撃の画像。

まだデザインも決定していない・・・

なんて思われていた、
例の小型NSXですが、

どうやらコンセプトカー
とはいかないまでも、

ボチボチとカタチになって
きているようです。

 

市販を前提にしたクルマの
場合は、量産デザインをもとに
コンセプトカーのデザインを
決定していくのが普通
なのですが、

ということは、

すでに市販車のデザインも
決定しているということが
伺えます。

 

公開はまだまだ先ということ
なのですが、

小型のNSXのコンセプトカー
のデザインはすでに決まっている
という証言もあるほど。

この小型NSXのポイントですが、

ホイールベースが新型NSXと
ほとんど同じということです。

さらにパワートレインの
搭載位置も新型NSXと同じ、
だというのです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

これが何を意味するのか?

もっとも可能性が高いのは
コンセプトカーであると
いうことを踏まえ、

あえてNSXをベースに
したのかもしれません。

あなたの愛車を簡単に高く売る方法は?

今年のジュネーブショーに
出展されたレクサスの
『LF-SA』も中身はiQだったように。

小型NSXのフロントマスクには、

『ソリッド・ウイング・フェース』

というデザインが採用されており

これはホンダブランドのデザイン
なのです。

 

そして、

クローズドのクーペに加え、
S660を彷彿とさせる
タルガトップもラインナップ
されるという事実が!

いずれにしても、
この『小型NSX』の開発は
猛スピードで行われており、

その存在は明らかとなりました。

 

搭載されるパワートレイン
に関しては、

2L直噴ターボ+SH-AWD

となることはほぼ間違いなし。

また発売時期によっては、
今年のパイクスピークスに
出場したCR-Zに採用された、

『電動SH-AWDプレシジョン・オールホイールステア』

の一部が組み込まれる
可能性もでてきました。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク