三菱 次期新型パジェロにはPHEV搭載のうわさも。生き残りをかけたモデルチェンジを。

4

RVRと並んで三菱再起を
印象付けるのが

次期パジェロです。

同社を代表し、

しかも本格オフローダー
として世界でも高い評価、
知名度を誇る一台ですが、

燃費と環境性能に対する
消費者の要求が高まっている
状況の中で、持続可能な
ブランドを目指します。

 

生き残り策として
三菱が打ち出すのは、

パジェロのPEHV化。

アウトランダーPHEVと違って、
次期亜pジェロには
プロペラシャフトが与えられ、

高い4WD性能を実現させます。

 

アウトランダーと同等以上の
バッテリー容量が備わり、

満充電時には
45㎞程度のEV走行が可能と
されています。

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com

さらに、

大容量バッテリーが電源として
使えるのも朗報で、

オートキャンプなど
アウトドア・レジャーの
場面でも大活躍してくれるに
違いありません。

 

オフローダーにふさわしい
力強さを備えるエクステリアでは

伝統のキャッツアイ型ヘッドランプが
目につきます。

これは道なき道でランプを破損
しないように考えだされた形状で、

次期モデルのマスクを
特徴づける要素として
受け継がれるでしょう。

東京モーターショーでの
出品も確実とされ、

心持にしている一台です。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク