新型シビック 1.5LVTECターボエンジン搭載しての登場となるか?新型フリードに新たな展開も。

3
3

攻めに転じたホンダ、
注目のモデルが続々と登場します。

新型NSXやシビックタイプR
に注目が集まっているホンダ
ですが、

お楽しみはそれだけでは
ありません。

量産プロトタイプが3台、
そしてピュアコンセプト
ながら市販の可能性が大の
コンセプトカーも出品される
と言われています。

まずは量産プロトタイプですが、

最初に見ておきたいのは、

早ければ2016年の後半にも
国内販売が復活する、

『新型シビック』です。

同車は2015年のロサンゼルス
モーターショーで
正式発表される予定になっていますが、

その日本仕様の試作車が
東京モーターショーで
公開されるかもしれない、
と言われています。

北米仕様は
1.5LVTECターボを搭載し、

セダン、クーペ、追って5ドア
ハッチバックがラインナップ
されます。

日本仕様は当面セダン、
しかもハイブリッドのみ、
となりそうだということです。

プラットフォームも含め、
すべてが新規開発となる
新世代シビック。

アコードとグレイスの間を
埋める新世代セダンとして
マークしておきたい存在です。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

そして
2016年の春にも発売される
新型のフリード

こちらはハイブリッドのシエンタ
に先行されましたが、

新開発の1.0L直3VTECターボ
搭載して巻き返しを図ります。

最大のメリットは
パッケージングもさることながら、

やはり価格、でしょう。

あなたの愛車を簡単に高く売る方法は?

ハイブリッドで割高な
シエンタに対して、

新型フリードはより価格を
抑えたダインサイジングターボ
で勝負をかけます。

 

もっともハイブリッドに
こだわるユーザーには、
やや遅れて1.5Lハイブリッド車も
追加設定される見込みです。

このあたりの戦略は
新型ステップワゴンと同じ
なんだろうと思います。

 

注目の東京モーターショー2015 出品予定のモデル一覧

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク