今日の富士重工の株価にも影響するのか?PHV投入を急ぐ理由とは?

1

富士重工がPHV投入を急ぐ理由。

スバルがPHVモデルを開発
する背景には、

米国で強まる燃費規制や
アンプラグドのハイブリッドカー
を特別扱いしなくなってきた
政府の姿勢があります。

例えば、

米連邦のCAFE(企業平均燃費)規制は

2017年から新たな強化策が
スタートし、

25年までに米国内で販売する
車の平均燃費を23.2㎞/L

(現行規制は2016年までに15.1㎞/L)

まで上げなければなりません。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

また、
カリフォルニアでは
州内で販売する車両の一定割合を
エコカーにするようZEV法で
求めています。

こした枠組みの中で、
CAFEはEVやPHVの
CO2排出量を当面、

台数制限なしでゼロと
みなす優遇措置を導入しますが、

ハイブリッドカーの優遇は
ピックアップ・トラックを除いて
廃止となります。

 

カリフォルニア州も、
2017年からハイブリッドカー
をZEV法の対象から外します。

有名なエコカー優遇レーンも
一人乗りのハイブリッドカーは
11年から走ることができなくなっています。

最新の新車を安く購入する方法を公開中!

スバル車の北米販売は絶好調で、
供給が追い付いていない状況にあります。

ただ、

同社はもともと燃費のよい
コンパクトカーや電動系エコカー
の品ぞろえが少なく、

このままSUVなどの販売が
増えればCAFEやZEV法をクリア
できなくなるとの心配も浮上。

PHVは、こうした
ハードルを乗り越える切り札
としても期待されているのです。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク