none ローダウン(lowdown) インプレ 初めからこれを作っとけばいいのに。

7

ホンダのプレミアム軽として
人気のある「N-ONE」

今回マイナーチェンジを実施し、
中でも注目は、
全高を65mm低くしたローダウン
追加設定。

これで立体駐車場に対応できる
ようになっただけでなく、
実は走りにも良い影響を及ぼしているという。

それでも言わせてほしい。

初めからこれを作っておけば
良かったんじゃないかと。

というのも、
今回N-ONEに追加設定された
低全高モデルのローダウンは、

これで十分というよりは、
これがベストじゃないか?
という仕上がりをしているから。

 

そもそもこのローダウン、
都市部に多く存在する
立体駐車場に対応するために
作られたモデルなんです。

一般的な立体駐車場の
高さの制限は1550mmと
言われており、

ローダウンはこれに対応
するために標準車より
65mm全高を下げて
1545mmとしています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

その65mmの内訳ですが、
10mmはサスペンションの
ローダウン化によるもので、

残りの55mmは専用デザインの
ルーフを採用して
全高を下げています。

また、
ローダウンは専用スポイラーを
採用するなど、

スポーティなイメージを
打ち出しているのも特徴です。

最新の新車を安く購入する方法を公開中!

さらにこのローダウンを
ベースに専用カスタムを施した
コンプリートモデル、

『N-ONE モデューロ X』

を追加設定しているのも
トピックです。

 

室内の高さも全高が低く
なっているものの、
これで十分というくらいの
高さはあります。

ローダウンの室内高は
標準比で40mm低い
1200mmとしていますが、

170㎝の男性が座っても
頭上空間にはまだ余裕が
あるほど。

後席に座ってみても、
標準車ほど頭上に空間がある
わけではないですが、

それでも窮屈さを感じさせない
レベルに収まっています。

十分必要な高さは備えている
という感じになっています。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク