トヨタFRコンパクトスポーツ スペックの詳細がわかった

5

全長4m未満のFRスポーツ
世界的に見ても現在は
ロードスターしかなく、

トヨタのコンパクトFRの競合車
はロードスターになることは
確実です。

ロードスターは
2シーターですが、

トヨタは4シーター。

このサイズでしかも
クーペボディで実用的な
後席を期待するのは酷
というものでしょうが、

ないよりはあったほうがいい、
というのはトヨタのこだわり
でもあります。

トヨタfrコンパクトスポーツ【最新画像】。東京モーターショー2015で世界初公開へ!

かつて、

トヨタには1970年代後半から
1980年代前半にかけて
人気を博したKP61スターレット
というFRがありました。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

国産ハッチバック最後のFR車
となったのですが、

このトヨタのコンパクトFRは
シルエットこそ違えど、

KP61を思い起こさせる部分が
あったりします。

2シーターではなく、
オープンカーでもなく、

全高の意外にありーの。

そのパッケージが実用性を
感じさせてくれるのです。

小さく、軽く、実用的で、

価格は若者にも手が届く
150万円台スタートを
目標としています。

どんな車になるのか
期待と想像が膨らむばかりですが、

日本のFRスポーツに新たな
歴史を刻む、1台であることは
間違いないです。

2015年秋の東京モーターショー
で世界初公開。

正式デビューは
2016年末が予定されています。

 

トヨタコンパクトFRスポーツ スペック

全長:3980mm
全幅:1695mm
全高:1375mm
ホイールベース:2480mm
車重:980kg
エンジン:直4、1.5LDOHC
最高出力:130ps
最大トルク:15.1kgm
JC08モード燃費:20.0㎞/L
ミッション:6速MT専用
サスペンション:ストラット/ダブルウィッシュボーン
価格:150万円台

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

買取と下取りで80万円も価格が変わるって知ってましたか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク