次期新型クラウンアスリート 10月1日に登場。事前にその中身をお伝えする!

6

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
6

10月1日、クラウンに
直4 2Lターボが登場!

注目の2L直4ターボですが、
搭載されるのは
アスリートのみで、

ロイヤル系には搭載されません。

ロイヤル系は2.5L、V6と
ハイブリッドの2本立ての
ラインナップで、

これは現状と同じで変更は
ないのです。

一方のアスリートは
現行型の『2.5Lアスリート』

を置き換えるかたちで、

『2.0アスリート-T』
が設定されることとなります。

 

つまり、
V6、2.5Lは廃止されて、

代わりに注目の2L、直4ターボが
搭載されることになるのです。

 

ただし、現行型同様、
V6、2.5Lガソリンエンジンが
継続されます。

クラウンにガソリンターボエンジン
が搭載されるのは、

1980年6月に6代目で登場した
M-TEU型 直6、2Lターボが初で、

8~10代目にはターボがなく、
99年登場した11代目『アスリートV』

の280psを発揮する2.5Lターボ

が最後で2003年以来12年振り
のクラウンターボが復活となります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

この8AR-FTS型エンジンの
スペックは、

最高出力235ps/5200~5800rpm、

最大トルク35.7kgm/1650~4400rpmで、

一足先に搭載されたレクサスIS200t
の245ps/5800rpmに対して
10ps低くなっています。

 

最高出力発生回転も
クラウン揚は5200~5800rpmと
幅を持たせているのに対して、

レクサスIS200tでは5800rpm。

 

ただし、

トルクの数値はまったく同じで、
組み合わされるトランスミッションは

8速ATでこれも同じです。

ここから考えられることは、
クラウン用では、
10ps最高出力を抑える代わりに、

全体的にフラットなパワー特性
としてより上質な
ドライバビリティを
目指した

ということがいえます。

 

レクサスIS200tは
クラウン用と比べれば、

ちょっと回して高回転を楽しむ
チューニングとなっているのかも
しれません。

そして注目のJC08モード燃費は
13.4㎞/L。

ハイブリッドの23.2㎞/Lが
存在するので驚きは少ないですが、

現在のV6、2.5Lモデルは11.4㎞/L
なので15%程度の燃費アップと
なっています。

 

同じく、
2Lターボを搭載する
BMWの528iやアウディA5の
JC08モード燃費が13.6㎞/L
なので、

クラウンアスリートTの燃費は
『同レベル』というところの
位置づけです。

ベンツE250アバンギャルドの
15.5㎞/Lには及ばないので

ちょっと残念ですね。

 

レクサスIS200tのJC08モード燃費が
13.2㎞/Lということなので、

クラウンの1600kgに対して
レクサスISは1620kg重いのですが、

車重さよりも

エンジンチューニングの差が燃費
を意識したものでもあるのでしょうね。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

買取と下取りで80万円も価格が変わるって知ってましたか?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク