s660 ecu hksというものがあるみたいだが?ビートとの違いを解説。

WS000001
WS000001

レブカウンターは
8500rpmまでハネ上がり、

2速へとシフトアップ。

コーナーが迫ればフル制動を
かけてフロントタイヤを
ギュッとたわませる。

そしてアプローチ。

小さい操舵角で旋回し、

加速体制に入れば
圧倒的なトラクション性能が
約束されています。

これがビートが謳う、
ミッドシップアミューズメント。

すべては街の中での出来事です。

そもそもビートは非力で
鈍重な軽自動車でした。

ライバルであるAZ-1や
カプチーノに比べれば、
トルクがないNAエンジンを採用。

 

おまけに
車両重量も重い。

タイムを比較すると
もちろん遅く、

速さばかりに目が行く人々には
興味を示しませんでした。

 

≪スポンサーリンク≫

しかし、
だからこそ街中での走りが
可能となるのです。

レブリミットまで
エンジンを回したところで
加速はタクシーと変わらず、

引き締められることなく、
安定方向にセットされた
足回りや

グリップタイプをそれほど
高めることをしなかったタイヤ
により、

たとえ交差点であっても
荷重移動を意識した走り方が
生きていました。

いつでもどこでも
使いきりな感覚。

 

そこにレスポンスのいい
3連スロットルが生み出す吸気音や、

エンジンサウンドが飛び込んで
くるから絶妙。

久しぶりにワインディングで
走ってもそのテイストは相変わらず。

”走っている感”が満載。

大切なのはタイムや速さではなく、

感覚に訴える走り、
そこにあります。

対する、S660
明らかにビートとは違います。

 

車名を引き継ぐことをしなかった
ホンダの”S”を名乗ったから
でしょうか?

すべてにおいて本格スポーツ
を目指そうとしていることが
手に取るように伝わってきます。

ビートに比べればあさに
強靭といえるボディや
足回り、

ターボ化されたエンジンもまた、

本格スポーツへの意思表示と
いっていいかもしれません。

 

新車情報のもくじページはこちらから。

この方法であれば新車が安く手に入る!詳しくはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク