2015新型プリウス4wdも設定。新型プリウスのポイントを簡単にまとめた

WS000001
WS000001

待ちに待った新型プリウスが
9月8日、ラスベガスで
ワールドプレミアされました。

新型プリウスの重要なポイント
についてチェックしていきます。

JC08モード燃費は40.0㎞/L

・リアサスをダブルウィッシュボーンに変更
 乗り心地が劇的に改善

・プリウス初の4WDを設定

・TNGAをトヨタ車初採用

・バッテリーをリアシート下に移動し
 荷室容量大幅アップ

・歩行者検知も可能な自動ブレーキ
 の他、先進安全機能を持つ
 トヨタセーフティセンスPを量産車
 として初採用。

 

以上が大きなポイントになっています。

新型プリウス世界初公開。シャークフィン装着でちょっとかっこよくなった

 

今回のプラットフォームに
TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)

と呼ばれる考え方を元に
生まれた低重心、低フードを
可能にしたことで、

現行プリウスに比べて、
よりシャープで踏ん張り感の
効いたボディフォルムと
なりました。

 

特にリアスタイルは個性的。

サイドのキャラクターラインも
凝ったものとなっており、

どの車にも似ていない
プリウスらしさをアピール
しています。

 

◆プリウス新型の関連記事

2015新型プリウス 価格(値段)とグレードを大胆予想

2015新型プリウス 4wdで弱点の乗り心地を大幅改善

2015新型プリウス 4WD 搭載でなにがかわるのか?

2015新型プリウス 色は9色。ラゲッジルームも大幅に改善

2015新型プリウス最新情報 発売は12月9日に!量産車としてトヨタ初セーフティセンスP搭載

2015新型プリウスPHV登場は1年後に。ハイブリッドでは生き残れない理由

 

新車情報のもくじページはこちらから。

 

新型プリウスがほしいなら、先に愛車の査定額を知っておこう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク