東京モーターショー2015 スズキスイフト新型はバレーノではない。関係者が証言

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
2

バレーノはスイフトではない。

スイフトといえば、
価格訴求モデルの初代から、

欧州で戦うために
『走りのガチンコ勝負』なモデル
に大変身した2代目のデビューが
かなり衝撃的でした。

その走りは確実にスズキの
イメージを変えたといいます。

現行モデルとなる
3代目はマツダのデミオと並んで
日本車の”走りのいい”ハッチバック
の2強として位置付けられていますが、

スズキは次期スイフトで再び、
”衝撃”を与えようと目論んでいる
のだとか。

現行スイフトの車両重量は
1000kg前後ですが、

新型は新プラットフォームの
Bセグメント用を採用し、

スイフトは800kg台後半、

スイフトスポーツは900kg前半
を目標に開発中とのこと。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

スライドドアのハイトワゴン
ながら全モデル1000kgを切った
ソリオより重いことは
ありえないでしょう。

ボディサイズは若干コンパクト
になるといいます。

実は現行スイフトは北米導入も
示唆したパッケージングやデザイン
を採用しており、

当初の想定よりもサイズは
若干大きくなってしまったそうです。

 

新型はそんなしがらみもない上に、

さらにフランクフルトモーターショー15
でCセグメントまでカバーする
『バレーノ』も登場するため、

新型はBセグメントの”原点”に
戻るというわけなのです。

デザインに関しての情報は
まだないのですが、

近年のスズキデザインの流れを
汲んでいると言われています。

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク