東京モーターショー2015 次期スイフト画像 『ブースタージェット』搭載濃厚

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
1

パワートレインは
スイフトにはソリオに搭載
されている『k12C』を搭載
するということは間違いないらしい。

マイルドハイブリッドを搭載すれば、

30㎞/L越えは確実視されています。

ちなみにソリオの発表会で
スズキ社長は、

マイルドハイブリッド以外に
ストロングハイブリッドも開発
している

という話をされたのですが、
スイフトには採用はされない
ということです。

 

スイフトスポーツはすでに
熟成の域に達している

1.6LNAエンジン『M16A』
と別れをすることになります。

おそらく、上海モーターショー
で発表された1.4L直噴ターボ

『ブースタージェット』

の搭載が濃厚でしょう。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

現在公表されているスペックは、

140ps/220NMのパフォーマンス
ですが、

スイフトスポーツ用に
専用チューニングが施されるのは
間違いないでしょう。

 

現行スイフトスポーツは

シャシーはいいけど
パワートレインがいまいち

と言われてきただけに、
このあたりは新型で大きく
解消してくるはず。

トランスミッションは6速MTが
継続採用されるのは間違いないですが、

2ペダルモデルは
CVTから軽自動車系で
採用済みのAGSの6速版が
採用される見込みです。

 

関係者の話によると、

AGSの日本市場投入は
テストの意味合いが強く、

ユーザーの反応は、
我々が想定していたよりも
ずっといいようです・・・

ということですが。

 

市販モデルの発表は2016年の
ジュネーブショーが濃厚ですが、

今年の東京モーターショーで
何らかのアクションがあるかも
しれません。

 

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク