次期nsxの最新情報 クローズドボディ登場も!?

WS000000

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

今年の秋から、来年にかけてホンダは大中小の3種類のスポーツカーを登場させる予定です。ホンダ本気でスポーツカーを出してくるということでスポーツカー全体が盛り上がりを見せています。

n1
スポンサーリンク

●次期NSXのポイント

Ⅴ6、3.5Lツインターボ + 3モーターのハイブリッド
8速DCTを搭載し、前輪を左右独立モーターで駆動
街中はEV走行もできる新時代のスーパースポーツ

「モーターが付いているのでゼロスタートからドドンと出る感覚を大事にしています。また、前輪左右をモーターで独立して駆動させるSH-AWDの特徴を分かりやすく感じてもらえるようは走りにこだわります」

 

ホンダ技術研究所のパワープラントの担当者はそう話したそうです。これを聞くだけでも、従来のスーパーカーと違うって思いませんか?

 

次期NSXは後輪をエンジンモーターで駆動し、フロントの左右輪をそれぞれ独立して置かれたふたつのモーターで駆動するミッドシップ4WD。コーナーリングでは前輪アウト側に大きな駆動力を与えることでボディをグイグイと内側に押し込んでいくような動きになるんでしょうか?出力はいまだ未定なのですが、500psくらいにはいくとみられています。「今のスポーツカーには負けないレベルまでもっていく。」と開発担当者はいいます。一応、オープンモデルも考えているのだとか。アメリカで販売されるものには、オープンクラスが出ると予想されているのですが、日本版ではまだなんともいえないのだとか。

スポンサーリンク

◆NSXの予想スペック

全長:4330mm
全幅:1900mm
全高:1160mm
ホイールベース:2600mm
パワーユニット:Ⅴ6、3.5Lツインターボ + 3モーター
駆動方式:4WD
JC08モード燃費:12.0KM/L
予想価格:1500万円
登場時期:2015年6月予定

スポンサーリンク

◆新型nsxにダメ出し?

◆次期NSXにオープン登場!?

WS000000

次期NSXがスパイダーに進化するという噂がある!ホンダの関係者によれば、NSXの正常進化はハイパフォーマンス路線だけでなく、ソフト路線もあり、特に北米カリフォルニアのマーケットを考えると、オープンは必須だと言われている。ネーミングはシンプルな樹脂製ルーフの”スパイダー”が濃厚だそうだ。

リッチで贅沢なイメージが重要だと言われており、そのために次期NSXの次のステップがオープンモデルなのだ。クローズドボディと比較してみると剛性は確かに厳しいのかもしれないが、ひょっとするとS660のようなタルガルーフタイプになる可能性もあるという。

エンジンに関して、ほぼ現行モデルのままということになるだろうが、クローズドボディよりも高くなる可能性があり、その価格は現行モデルよりも200万円以上高く2500万円からのスタートになりそうだ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>