次期トヨタコンパクトSUV発表。市場へ本格参戦。

n90

明らかにジュークへの対抗馬として
開発されたと思われる、
次期トヨタのコンパクトSUV

と言っても、サイズは
全長:4350mm
全幅:1850mm
全高:1500mm

というサイズのCセグメントの
クロスオーバーモデルなんです。

今回はデザインが目玉のように
なっており、

詳細なスペックは不明なのですが、

大幅に燃費を向上させた
新ハイブリッド機構

という発表があったそうです。

次期プリウス用か?
と想像していますね。

自慢のデザインは

中央のバッジから左右の
ランプへとつながるV字ライン
を特徴とした
フロントフェイスの
「キーンルック」と

台形のロワグリルが特徴の
「アンダープライオリティ」

トヨタのグローバルモデルに
共通するデザインの理念が
ここに反映していますね。

トヨタらしさで
市場に乗り込みたい、
といったところでしょうか。

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

次世代エコカーに対して
トヨタの強い思いを感じずには
いられません。

今回のパリサロンでは、
トヨタの展示しているクルマ
の1/3がハイブリッド系、

1/3が次世代モビリティの
「i-ROAD」

1/3がガソリン車ということで

FCVもそうですが、
これからエコカー量産に向けた
アピールを感じました。

>>>トヨタCHRコンセプト 画像集はこちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>