レクサスLC500(h)世界初公開がいよいよ。

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

 

スポンサーリンク

◆レクサスLC500h いよいよ

1

レクサスLC500

世界で最も美しいクーペが
デトロイトモーターショー2016
でついに世界初公開

開発呼称950A。

衝撃のコンセプトカー公開から
早くも4年が経過し、

いよいよその成果を世に
問う日がやってきています。

衝撃のデビューを飾ったのは、
2012年1月のデトロイトモーターショー。

実はこの時は、
まだレクサス内部でも商品化の意向は
固まっていなかった、と言われています。

 

むしろ、
デザインを担当した
CALTYデザイン・リサーチ
(トヨタの北米におけるデザイン拠点)

が先走った感があったようです。

しかし、デトロイトモーターをはじめ、

各地のモータショーで予想以上の
高い評価を獲得したことで、

一気に商品化に向かって走り始めました。

 

→ 最新の値引き交渉術でレクサス新型をさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

スポンサーリンク

◆レクサスLC500の企画検証からスタート

4

まず着手したのは、

企画成立性の検証です。

商品企画部門だけでなく、
営業部門も交えた徹底的な調査を
行われ、

論議が行われました。

この活動は、2013年の初夏までかかり、
そこでようやく商品企画書が
作成された、といいます。

この段階で、すでに搭載する
パワートレイン、
ボディサイズや特殊ボディ構造、

最新の安全装備などクルマの
アウトラインは盛り込まれています。

 

この企画書を元に正式な
デザインがスタート。

最初の原寸大クレイモデルが作成
されたのは2014年に入ってから、
というから、

ずいぶん慎重に進められた、
と言えるでしょう。

ちなみに、
コンセプトカーとの大きな違いは、

キャビンの大きさとボンネットの
高さだといいます。

2+2のパッケージングを成立
させるためキャビン部分が拡大され、

歩行者保護要件など、各国の法令に
準拠するため、

大幅にモディファイされています。

 

もっとも、
全体のイメージはコンセプトカーに
限りなく近く、

また、商品化にあたっては、
可能な限り、コンセプトカーを
踏襲することが前提となっていました。

さら同時期に商品企画が始まった、

次期レクサスLSとの
一括企画でもある点も見逃せないポイントです。

 

その結果、
全長4710、全幅1920、全高1350mm
いう国産車離れしたディメンションが
与えられることになりました。

数値だけ見ると、RCFに近いですが、

よりワイド&ローの地を這うような
フォルムとなり、

その存在感は欧州のプレミアムkブランド
以上となりそうです。

 

デザインの予算が多く残されただけに、

コンセプトカーに見られた
豊かな抑揚のある面構成はそのまま
継承されています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

スポンサーリンク

◆最新情報ではLC500にV8 4Lターボ搭載
3

最新情報ではすでに
LCの日本での公道テストも目撃されている。

名古屋、栄の繁栄街で
堂々の一般路テストを行っている
という読者からの情報もある。

2000年代初めから計画され、

2009年に正式に発表。

世界で500台がデリバリーされたLFA。

4.8L V10という日本で最初の
マルチシリンダーのスポーツカー
として登場をした。

トヨタの技術力を世界に知らしめた
ともいえるが、

ライバルのポルシェ、
フェラーリがハイブリッド
に移行しはじめた時代に、

やや時代遅れの管があった。

→ 最新の値引き交渉術でレクサス新型をさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

◆Fシリーズの誕生はどうなるの?
2

LCシリーズのなかにも
RC、GS同様、”F”が誕生することになりそうだ。

5L、V8ではなく、
4L、V8ターボという
新開発のユニットで
600psを目指すことになる。

注目のLCFだ!

エンジンは4L、V8ターボ
というなるが、

クラウンなどに積まれる
2L直4の8ARをつなげたものになるという。

→ 最新の値引き交渉術でレクサス新型をさらに65万円もお得に購入する方法はこちら

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク