IDS 日産 自動運転をメインとしたコンセプトを発表。日産の新時代到来。

1

日産は来たるべき自動運転時代を
EVとのセットでとらえています。

今回の東京モーターショーに出展された
IDSコンセプトもEVですし、

現在の自動運転開発実験車両は
EVのリーフです。

 

現在直面しているEVのウィークポイント
は航続距離の短さと充電にかかる
時間と手間であります。

航続距離を伸ばすためには
バッテリーの効率を高め、容量を大きくすることが
手っ取り早いのですが、

技術的なハードルも高いと言われています。

大きく重なっては本末転倒なので、
キーポイントは物理的には
現状と同程度の容量で、

容量を大きくすることにあります。

IDSコンセプトに搭載される
リチウムイオンバッテリーは、

現在のリーフ用27KWhバッテリーと
ほぼ同じ容量で60KWhを実現しています。

 

これはコンセプトカー用の
夢物語ではなく、

すでにリーフに搭載した実験車両が
走行しており、

実現に向けてカウントダウン状態
になっています。

また、軽量化と空力性能の向上も
電池性能を高めるためには
大切なポイントです。

IDSコンセプトはボディ形状で
空力を高めるとともに、

ルーフ高を低くして
前面投影面積を小さくし、
Cd値0.20を実現しています。

軽量化についてはCFRPをボディ
構造材に使用するなど、

材料開発にも取り組んでいます。

これらが次世代EV開発の”カギ”と
なってくるのです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク