ホンダs660はFR?いや、ミッドシップオープンスポーツなんです!ってうんちくを。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

s660はFRではなく、ミッドシップとなります。

ミッドシップにするとどうなるのかと言いますと、
室内のレイアウトや、トランクのスペースがかなり制限される
ということが大きなデメリットとなります。

正直、実用的ではない、ということですね。

なので、一般的な乗用車にはミッドシップのクルマは
少ないんです。

新型のコペンでさえ、FFですからね。

ミッドシップはそのほとんどがスーパーカー、
レース用のクルマに使われる特殊なタイプのものです。

NSXやビート、マツダのAZ-1がミッドシップですが、
これもトランクがかなり小さい分実用性にはかけるものが
あります。

最近では、軽自動車でも全体的にスペースの広いもの、
実用性の高いものが人気になっていますよね。

例えると、N-BOXなどがそうだと思います。

正直、日本におけるミッドシップのクルマはそれほど
販売台数を伸ばすことができないまま、生産中止に
なっているのがほとんどです。

NSX然り、
ビート然り。

コストパフォーマンスなどもあるのでしょうが、
時代に適していなかった、ということもあるのかも
しれません。

と言っても、ミッドシップが好きな人は好き、
という人もいるんです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

では、ホンダのs660がそこまでしてミッドシップに
こだわる理由ってなんなんでしょうか?

どう考えても、実用的じゃない分、売れるの?って
思ってしまいます。

ただ、s660に期待している方は多くいることは
確かです。

今のところは、前述しました新型コペンが軽スポーツ
をけん引しているという感じがしますが、

s660が登場するとどうでしょうか?

確かに、実用性はあまりありません。

ただ、軽自動車でスポーツカーを本格的
に出してくるとなると、やっぱり
乗りたいんですよね。

そのような方々は実用性を求めているのではなく、
(求めているのかもしれませんが・・)

運転そのものを楽しむ、

ということでしょうか?

もしくは、セカンドカーとして
購入するのも”手”なんでしょうね。

どちらにしろ、新型コペンとはある意味異なった
クルマになるだろうとは思います。

s660の場合は、そのデザイン性もあるのかも?

見た目から

「あ、これカッコイイ・・」

って思ってしまった人も多いのでは?

ルーフも手動で、ということになっていますが、
それも一つの楽しみですね。

他とは違う、オリジナリティ溢れるクルマだと
思いますよ!

≪関連記事≫
ホンダs660ルーフ(屋根)の形状はやっぱりタルガ。トランクはかなり狭いらしい。
ホンダs660の最新出来事。ダイハツコペンローブ、買うならどっち情報。
ホンダ S660 最新情報。ルーフ(屋根)はタルガトップ。FRではなくてミッドシップ。

完全無料で最大8社から見積が取れる!

気になるあなたの愛車のお値段は?

>>> カービュー <<<

 ↑ ↑ ↑
今すぐクリック!!

完全無料で査定ができます♪

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>