フリード 新型 発売日は?

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

1
ファミリータイプのミニバンは
現在も日本国内において
大人気のカテゴリーですが、

そんな中でも高い人気を
継続しているのがトヨタのシエンタと
ホンダのフリードです。

トヨタのシエンタは今年に大幅な
内外装の変身を伴うフルモデルチェンジ
を実施しましたが、

その奇抜すぎるデザインが
なかなか受け入れられないようで、

期待されていたほどの大ヒットに
は至っていないのが現状のようです。

 

一方、

ホンダのフリードは当初今年2015年の
夏もしくは秋頃にフルモデルチェンジにより
新型へ切り替わる予定でしたが、

ホンダの多くのトラブルやリコール問題から、

現在のところ発売日が2016年8月を
目標にしていると言われています。

今回の新型フリードで最も
注目されているのは、

これまでの1.5リッターエンジンや
1.5リッターのハイブリッドモデルではなく、

国内競合他社でも類を見ない
直列3気筒の1000ccダウンサイジング
ターボエンジンを搭載するという点です。

 

ホンダは、

このダウンサイジングターボエンジンを
新型のステップワゴンに搭載して
今年の春に発売を開始しており、

発売日以降大人気を得ています。

 

ハイブリッドシステムとは比較に
ならないほどの安い価格と、

低排気量による低燃費と、

過給機による力強いトルク、

高出力が魅力になっており、

ミニバンのように多人数乗車の
多い車種においては、

これまでの価値観とは大きな
変化をもたらす新しいジャンルとして
そのファンや顧客層を拡大してきています。

 

1000ccダウンサイジングターボエンジンを
搭載した新型フリードの発売日は
まだ約1年先の2016年夏と言われていますが、

今からこの新型の登場に大きな期待を
抱かずにはいられない待望の
コンパクトミニバンになりそうです。

 

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク