ホンダ フリード 新型 価格を大予想!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

1

コンパクトなファミリータイプの
ミニバンにおいて、

大人気を継続しているホンダのフリードは、

いよいよフルモデルチェンジの
タイミングがせまっており、

今年度に大幅な変身を遂げた
トヨタのシエンタに続いて、

大きな期待を集めている一台です。

新型シビック 1.5LVTECターボエンジン搭載しての登場となるか?新型フリードに新たな展開も。

ホンダの新型フリードは、

当初今年度内に発売が予定されていたようですが、

昨年来続いていた各種トラブルの連続や
リコールの嵐により、

フラッグシップであるレジェンドの
登場を含めて、

あらゆるモデルの登場時期が
遅れてきています。

 

新型フリードは、
現在のところ来年2016年の夏ごろに
登場するという方向性のようで、

注目されている価格については、
多くの買い替え予備軍や、

新規購入検討者の期待を裏切らない
大胆な価格設定が検討されているようです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

その他社を圧倒するような
価格設定を可能にしているのが、

ホンダのラインナップにおいて
今年度のステップワゴンから展開を
開始しているダウンサイジングターボエンジンです。

 

すでに欧州の有名ブランドはすべてが
ダウンサイジングターボエンジンを
用意していますが、

日本国産のメーカーにおいては、
ハイブリッドに力を入れてきた
メーカーが多かったため、

小排気量で高出力と太いトルクを
実現するターボエンジンの開発が
遅れていました。

 

ホンダはそんな遅れを見事に
挽回する1.5リッターターボエンジンの
ステップワゴンで市場から高い支持を得て、

次に挑戦するのがこの

新型フリードにおける1.0リッターの
ダウンサイジングターボエンジンです。

このクラスのミニバンではどんなに
安くても200万円を遥かに超える
価格設定が一般的ですが、

僅か1000ccという排気量が実現する
新型フリードの低価格には注目です。

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク