フリード 新型 いつ?1L、直3ターボ搭載に期待している

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a

1

“ちょうど良いサイズで人気の
ホンダのコンパクトミニバンフリードは
大ヒットモデルとなりましたが、

モデルも末期となり、

次期新型フリードの販売が
いつになるのかが気になるように
なってきました。

特に、ライバル車である
トヨタがシエンタをフルモデルチェンジし
驚異的に売上を伸ばしているので、

ホンダも黙っているわけには
いかないことでしょう。

しかし、

新型フリードがいつ登場するのかについては、

当初は2015年の後半に登場するとも
言われていましたが、

フィットに端を発する品質問題の影響により、

計画が大幅に遅れているようです。

 

現在は、2016年半ばに発表される
見通しですが、

いつ販売されるか明確な時期は
示されていません。

新型フリードに搭載されるエンジンに関しては、

各メーカーが力を入れているターボ化による
ダウンサイジングがフリードでも
行われる予定で、

1Lの直3ターボが搭載される
言われています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ただ、

開発が遅れているとの情報もあり、

その場合、

まずシャトルと同じ1.5L直噴エンジンが
搭載されることも考えられます。

シエンタにはないハイブリッドシステムも
搭載予定と言われており、

その場合は現行フィットに
搭載されている

i-DCD

(デュアル・クラッチ・ドライブ)システムの
ハイブリッドとなりそうです。

これによりモーター走行が可能になり、
燃費が大きく改善します。

 

また、

シエンタに対しても大きな
アドバンテージになりそうです。

デザインに関してはキープコンセプトと
なりそうですが、

Aピラーが前出しされて、

ソリッドウイングフェイスが
採用されることになりそうです。

そのためフロントに開放感が出て、
視界も良好となるので、

運転がしやすくなりそうです。”

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

%e8%bb%8a%e6%9f%bb%e5%ae%9a
スポンサーリンク
スポンサーリンク