フリード フルモデルチェンジの時期

1

≪スポンサーリンク≫


1

ファミリータイプのミニバンにおいて、
最もコンパクトかつ室内空間の広さで
支持されていると言ってよいモデルが
ホンダのフリードです。

発売以来、
「ちょうどいい」のキャッチフレーズで
大人気となり、

家族6人がそれなりにゆったりと
乗れる室内空間とラゲッジスペースを
確保しながらも、

ボディサイズは非常にコンパクトで、

狭い国内の道路事情にもピッタリのサイズであり、

主婦層からも高い支持を得ています。

 

そんなホンダフリードの
フルモデルチェンジ時期については、
昨年から多くの情報があったものの、

今のところその時期が明確に
公表されていません。

フリード 次期新型 フルモデルチェンジ 最新情報 エクステリアはAピラー前出しに。

今年のトヨタシエンタに合わせて
年末には発表してくるかと思われましたが、

ホンダでは多くの車種や
エンジンなどにおいてトラブルや
不具合対応が連続発生したこともあり、

ステップワゴンなどでもそうであったように、
フルモデルチェンジの時期が大幅に
遅れてしまうケースが頻繁に発生しています。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

今回のフリードでは、
現行の1.5リッターエンジンモデルと
ハイブリッドモデルに加えて、

新型ステップワゴンから始まった
ダウンサイジングターボエンジンの搭載が
予定されているとのことです。

ステップワゴンでは、
これまでの2000ccモデルから
ダウンサイジングターボエンジンで
1500ccにまで排気量を縮小しつつ、

高い出力と、

ターボエンジン特有の太いトルクで、

ミニバンユーザーに高い支持を得ています。

 

今回のフリードフルモデルチェンジにおいては、

現行の1500ccエンジンをなんと
直列3気筒の1000ccターボエンジンに
ダウンサイジングしてしまう計画で、

小排気量としては異例の高出力、

低燃費を実現しつつ、

高価なハイブリッドモデルとは
比較できないほどの低価格を
実現しようとしています。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク