ソリオ ストロングハイブリッド 4wdついに!

1

≪スポンサーリンク≫


1

“2015年に開かれた
東京モーターショーで、

ソリオのストロング
ハイブリッドモデルが発表されました。

スズキが製造する
コンパクトトールワゴンとして
人気を博しているソリオ

もともとハイブリッドモデルがあり、

さらに雪道などでも活躍する
フルタイム4WDシステムを
搭載した車種でした。

 

そのソリオ
ストロングハイブリッドモデルが
加わったかたちになります。

ストロングハイブリッドとは、
比較的大きな電池とモーターを
使用しているハイブリッドエンジンの
ことを指し、

エンジンが止まっていても
走り出しの時に電池とモーターの力だけで
ある程度走行できるようになっています。

 

もうひとつの特徴として、

ストロングハイブリッド方式は
その時々の走行条件に対応して、

エンジンと電動モーターを
使い分けながら最も効率のよい
出力配分で走行するシステムと
なっています。

そのため燃費が良く、

4WDのように常に四輪を
まわしていて燃料の消費が比較的
多い車には最適のシステムと
いえるでしょう。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

欠点としては多額の研究開発費と
時間がかかることで、

必然的に

ストロングハイブリッドシステム車は
通常車やマイルドハイブリッド車よりも
価格が向上することです。

今回発表された新型のソリオは
従来よりも約100キログラムほど
軽量化がなされており、

ストロングハイブリッドと
の組み合わせによってさらに

燃費のさらなる改善が期待されています。

 

新型のソリオは現行モデルで
使われている1.2Lエンジンと

モーター2クラッチ&
リチウムイオンバッテリーを

組み合わせたシステムを採用と
されているため、

エンジン部分の信頼性は
高いといえるでしょう。

現行モデルに加えて、

ストロングハイブリッド
システム搭載の2WDと4WDを
1グレードずつが販売されていく
予定となっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク