スズキ 新車情報 2016年注目のモデル

1

イグニス

初代スイフトの欧州名と同じ名前で
登場したイグニス。

東京モーターショーに出品された姿
そのままで、

新年2月にも発売されます。

ボディサイズは、
全長3700mm
全幅1660mm
全高1595mm。

エンジンは全車1.2Lデュアルジェットで、

Sーエネチャージ付きのマイルドハイブリッド。

駆動方式にはFFと4WDが用意されます。

最低地上高はどちらも180mmで
4WDにはグリップコントロールと
ヒルディセント・コントロールも
装備されます。

気になる燃費は、
FFが28.0㎞/L、
4WDが25.4㎞/L。

ベースとなったソリオよりも
軽い分、燃費もよくなっているようです。

 

バレーノ
3

次期スイフトかと噂されていた
バレーノですが、

蓋を開けてみれば、
ボディサイズは

全長3995mm
全幅1745mm
全高1470mm

限りなくCセグメントに近い
Bセグメントのハッチバックでした。

生産を担当するのは
インドのマルチ・スズキで、

そこから世界中に輸出されます。

国内仕様のエンジンは、
1L直噴ターボのブースタージェットと、

マイルドハイブリッドを
組み合わせた1.2L、NAの2種類となります。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

ワゴンR

小型車へシフトを強めている
最近のスズキですが、

もちろん国内市場への目配りも
忘れてはいない。

そこで鍵を握るのが、次期ワゴンR。

アルトに端を発した新世代軽量プラットフォーム
への刷新はもちろん、

Sーエネチャージを採用した新世代エンジン
への換装など、

デザインだけでなく中身の新世代化が
際立つ力作になりそうです。

ちなみに兄弟車でもあるMRワゴンは
2015年末をもって生産終了となります。

 

スイフト
4

ジュネーブショーで
コンセプトカーを公開、

秋には日本を皮切りに欧州や
アジアでも発売される次期スイフト。

ソリオから始まった新開発軽量プラットフォーム
採用車の第4段となります。

先代のキーコンセプトだった
現行モデルとは打って変わり、

次期型には現行の面影は
ほとんどない、とのことです。

国内での発売は9月~10月になる
見込みですが、

1.4Lターボを搭載する

『スポーツ』の登場は2017年の春
になる可能性が高いと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク