トヨタ 新車情報 2016 注目はc-hr?それともエスティマか?

1

≪スポンサーリンク≫


トヨタ C-HR

コンパクトSUV市場で出遅れた
トヨタの切り札ともいえるのが、

新型プリウスと共通のプラットフォーム
をもつ、

コンセプト名、C-HRです。

このモデルの情報は某誌で1年半前
からプリウスのSUV版として
情報が出ていました。

2014年のパリサロンに
3ドアのコンセプト、

2015年のフランクフルトで
5ドアを公開し、

そして、デトロイトモーターか、

3月のジュネーブショーで
市販モデルを出展します。

2016年の春には、日本で
市販する予定だということで、

デトロイトモーターショーでの
発表が濃厚です。

新車情報2016 トヨタの注目モデルについて

 

サイズからいえば、
ヨーロッパと日本がメインですが、

北米でも販売をする予定だといいます。

エンジンはもちろん、プリウスと同じですが、

オーリスに採用されている
1.2Lターボも設定されます。

価格は250万円から300万円強、
と見ていいでしょう。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

◆ エスティマ

3代目となる現行型エスティマ
のデビューは、

2006年1月なので間もなく10年を
迎えます。

数年前からフルモデルチェンジの
情報が出ては消え、

再び出たと思ったら、

計画変更など情報が錯綜・・・。

その最大の要因は、
次期型すてぃまをFCV化する
という方針が基本的にあるためです。

FCV化することで基本パッケージング
の見直しが必要となり、

モデルチェンジの計画が大幅に
変更されたのです。

そんなわけで、
エスティマのフルモデルチェンジは早くても
2018年ごろとなりそうです。

それまでは現行モデルをマイナーチェンジ
して継続販売することになります。

エスティマ フルモデルチェンジ 最新情報

マイナーチェンジの時期は、
2016年5月。

フロントマスクは
最近のトヨタ車に共通する
フロントバンパー両端に縦スリットが
入るデザインになり、

このスリット部分にLEDの
クリアランスランプがビルトインされます。

このマイナーチェンジでV6、
3.5Lエンジンは廃止される計画です。

また、標準仕様のモデルも廃止され、

エアロ仕様のアエラスのみの
ラインナップとなります。

つまり、

アエラスの2.4L、直4搭載車と
ハイブリッドのみにモデルが大幅に
整理されることになります。

とはいいつつも、

その存在には目が離せません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク