ホンダ 新車情報 2016 注目のモデル オデッセイハイブリッド/NSX/フリード

1

≪スポンサーリンク≫


オデッセイハイブリッド

東京モーターショーに参考出品
されていたオデッセイの
ハイブリッドが、

ようやく発売されます。

ガソリン車と比べると外観の
変更は最小限ながら、

驚くのはその燃費。

アコードと同じ
2モーターのハイブリッドシステム
=i-MMDの搭載で、

JC08モード燃費は28㎞/Lを達成する
見込みです。

エスティマハイブリッドが
17~18㎞/Lであることを考えれば、

この数値は驚異的と言えるでしょう。

エスティマをはじめ、
ライバル各車にとっては脅威と
なることでしょう。

 

フリード

東京モーターショー2015への出品も
予想されていましたが、

どうやら発売は2016年秋まで
延びたようです。

次期型も5ナンバーサイズを
堅持したままコンパクトな
3列シートという

パッケージングは不変。

注目すべきはパワートレーンで、

現行の1.5Lガソリンに代わって、

新開発の1L3気筒ターボエンジンが
搭載されます。

現行フリードハイブリッドは
JC08モード燃費21.6㎞/Lですが、

それを上回る30㎞/Lオーバーが
目標とのこと。

ライバルはシエンタです。

 

≪スポンサーリンク≫

 

 

 

クラリティ フューエルセル

3

トヨタにはMIRAIがありますが、
ホンダはこのクラリティ フューエルセル
があります。

価格は766万円。

もっとも当面はリース販売のみで、

インフラなどの様子をみて
将来は一般販売に切り替える可能性もあります。

ライバルのMIRAIとの最大の違いは、
燃料電池の配置。

MIRAIは床下レイアウトですが、

このクラリティは他の制御ユニットとともに、

エンジンフード下に収められ、
居住性に影響を与えていません。

 

NSX

4

コンセプトモデルが披露されてから早4年。

ようやく日本の公道を走る日が
近づいてきました。

スペックはすでに公開されており、
あとは量産開始を待つばかりですが、

北米向けの生産が始まるのは、
2016年春と、

当初の予定から5か月も遅れている
のがちょっと残念なところです。

もっともそれだけに
完成度は高く、

ライバル各車とは比べ物にならない
程の究極のコーナリングマシンに
仕上がっていることでしょう。

気になる国内販売価格は、
1700万円とも言われていますが・・・?

スポンサーリンク

スポンサーリンク